E3開催直前:事前に登場した噂の現状を整理、気になるあのタイトルはどうなる?

2010年6月13日 14:27 by katakori
sp
「E3」

いよいよ週明けから開催される今年のE3、先週のゲーム関連のニュースはハードもソフトもごちゃ混ぜに、すっかり虚実入り交じるカオスな1週間となりました。そんな中G4TVが幾つかのタイトルやハードについて開催前の状況を整理する記事を発表しました。

噂の中には既に回収済みの物から発表待ちの物など状況がかなり錯綜していますので、元記事に追記なども行いつつE3開催前に今一度気になる情報を見直してみてはいかがでしょうか。

■ Starhawk

昨年4月に商標登録が発見され、Warhawkの宇宙版?と噂されたStarhawk、続報がなかなか聞こえてこなかったものの、今年の3月からMMO要素を盛り込む等の噂が登場し始め、E3での登場が期待されています。

開発を担当していたIncognito EntertainmentはWarhawkのリリース後、社長でありWarhawkのデザイナーでもあったDylan Jobe氏が独立しLightBox Interactiveを設立、デイビッド・ジャッフェも居なくなったIncognitoは実質休眠状態となっています。

LightBoxは既にソニーと契約を結んでおり、続編と思われるこのStarhawkはどうやらLightBoxが開発を担当しているようで、Dylan Jobe氏がタイトルの開発をTwitterなどで示唆していますが、パブリックベータの予定がかなり遅くなりそうだとも発言しており、まだ開発の真っ最中である様子が確認されています。これまでのイベントでも発表が噂されてきた本作、そろそろ登場を期待したい所!

■ The Legend of Zelda

「E3」

これまでReggie Fils-Aime氏や宮本氏、プロデューサーの青沼氏の発言などから、ほぼ登場の間違いないとされるゼルダ新作、モーションプラスの採用によるリアルな剣術や、リンクがもしかすると空を飛ぶ?などの話題を当サイトでもご紹介しました。

■ Criterionのカウントダウンは……

「E3」

Burnout Paradiseで知られるCriterionは現在公式サイトにてカウントダウンを行っています。が、昨晩公開されたGTTVのE3ブース紹介のシーン(6:04秒)にてNeed For Speed: Hot Pursuit新作のブースがもろに映り込み、カウントダウンはすっかり台無しになってしまいました……。Criterion可愛そう。

■ Silent Hill

FPSになるとのも囁かれるSilent Hill新作、原点回帰としてリメイクの噂も聞かれる本作ですが、山岡晃氏がコナミを退社し、グラスホッパーへと移籍した今、本当に登場があるならどんなタイトルになるのか。コナミのストリーミング中継に注目です。

■ Metal Gear Solid: Rising

「E3」

ピースウォーカーも好調のコジプロ新作!すでに謎のカウントダウンがE3スペシャルサイトで開始されており、Rising以外の発表も?!など期待されるMGSですが、一先ずRisingの新しいボックスアート(※ 現在は再び過去の物に差し替え済み)も姿を現しE3での続報に期待が高まります。

■ Pikmin 3

今年の3月にオフィシャル任天堂マガジンのtwitterが開発中である事を明かしたピクミン3、宮本氏が開発は順調と発言したと記されており、そろそろ登場に期待したい所!

■ Golden Sun DS(黄金の太陽 DS)

昨年のE3で発表されたGolden Sun DS、一応2010年発売予定ながら、全く続報が出てこないこのタイトル。そろそろ具体的な続報がE3では発表されるか、登場に期待です。

■ Natal対応のSonic Free Riders

「E3」

ナンバリング復活のSonic the Hedgehog 4に完全新作Sonic Colours、そして名作Sonic Adventureの登場などソニックタイトルが連発されていますが、さらにNatal対応タイトルとしてSonic Free Ridersの登場が噂されています。

■ Resistance 3

ニューヨークで看板が発見され、InsomniacのJames Stevenson氏もすでに公式に開発中である事を認めているResistance 3、長年PS3専用タイトルを作り続けてきたInsomniacがElectronic Artsと契約しマルチプラットフォームタイトルを手掛ける事になった状況もあり、PS3専用タイトルであるResistance 3はさらにビジネス的な側面も持ち合わせたタイトルとなりそうです。

さらについ先日6月10日にはInsomniacのメンバー達がE3直前というタイミングでオリジナルResistanceについて語り合う51回目のFull Moon Showを公開、これが何かを示唆する物かと注目を集めています。

■ Saints Row 3

好きな人にはたまらないSaints Row、すでにTHQの会計報告でBrian Farrell氏が新作の登場を約束しており、そろそろ発表が期待されます。Saints Row 3以外にも、40KシリーズでのまさかのアクションRPGタイトルとなるWarhammer: Space Marineも続報が期待されます。

■ Batman: Arkham Asylum 2

「E3」

こちらのE3出展は既に確実ですが、マーク・ハミルがジョーカー役もういやだ!辞める!と弱音を吐いており、動向が注目されています。ヒース・レジャーの直後でプレッシャーは相当な物かと思われますが、ボイスアクトであのキレ具合をマーク・ハミル以外に誰がやれんのか。無理。なのでどうか頑張っていただきたい所。

この動向により今作ではシナリオまで左右されているとも噂されており、マーク・ハミル降板を以てジョーカーが死亡?!との話まで飛び出しています。E3では新キャラクターも明らかになるであろうArkham Asylum 2、注目です!

■ Beyond Good & Evil 2

先日にはMichael Ancel氏がUbisoft退社?!との大変な噂が飛び出しましたが、Ubisoftへの電話確認から退社の噂が誤報である事が確認され、同時にBeyond Good & Evil 2がまだ開発レールの上にしっかり乗っている事が確認されました。E3での登場も示唆されており、こちらも期待大!恐縮だが……ラビッツもお願いします。

■ Half-Life 3

PortalのラジオパッチからGDCのGLaDOSハイジャック事件を経て、E3でのPortal 2イベントの開催、アパーチャサイエンスとValveの提携によるサプライズ発表の予告と複雑なプロセスを経て噂となったHalf-Life 3と新エンジンの登場でしたが……なんとここに来てDoug Lombardi氏がイベントの完全なキャンセルを告知。もうまったく次の手が読めないValveですが、どうやらゲイブのキレ具合はパフォーマンスではなく本気の様子。Half-Life 3登場の可能性は低そうです。

■ 人喰いの大鷲トリコ

「E3」

Team ICOの新作人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian)、もはや楽しみすぎて言う事がない!トリコの一挙手一投足に萌え死ぬ準備は万端です。ICOとワンダのHDリメイクなども噂に上っている昨今、既にただの感想となってますが注目です!

■ Grand Theft Auto V

Grand Theft Auto Vの発表が噂されたものの、すでにRockstarがE3での発表を持たない事が明らかになっています。という事でTake-Twoの発表には何らか期待したい所。しかしタイトルラインアップを考えるとLA NoireとMax Payne 3で落ち着くのが現実的な所かと予想されています。あわよくばAgentに何らかの動きを期待したい所。

■ Elder Scrolls V

The HuntedにBrink、RAGE、Fallout: New Vegasと豊富なラインアップのBethesdaですが、どうやら隠し球が用意されているとのが、情報紙の記載などから囁かれています。

昨年のQuakeConではElder Scrolls Vの開発はまだ計画に無い事がTodd Howard氏から発言されているものの、MMOタイトルの機会は常にあると語られました。さらにBethesdaが出版したElder Scrolls小説「Elder Scrolls: The Infernal City」にはオブリビオンと次回作の間を補完する45年後のTamrielが描かれており、何らかの関連タイトルの存在が予想されています。

■ GoldenEye

「E3」

先日から世間を賑わせているWiiとDS向けのGoldenEyeの新作登場のですが、昨年ActivisionからBizarre Creationsがボンドゲームに取り組んでいる事がアナウンスされており、今年4月にはHMVの商品リストにレースゲーム要素を含んだFPSタイトルJames Bond: Bloodstoneも発見され注目を集めています。

なおRareがこの新作について関与していない事を明言しており、コンソールFPSの金字塔とも言えるGoldenEyeがどうなるか、動向に注目が集まります。

■ PSP2

スマートフォン市場との競合も意識した発言がMichael Ephraim氏から聞かれたPSPの後継機ですが、PowerVR系列のマルチコアを採用するとも噂された後継機が果たしてE3で本当に登場する可能性があるのか、非常に気になるところではありますが、信憑性が低い物ばかりである事も事実で、可能性は5分といった所でしょうか。

ちなみに本サイトでお馴染みのHipHopのおっちゃんは”PSP HD“の登場を大はしゃぎで喋っていました。全てはE3のカンファレンス待ち。3DSの登場もあり動向には注目があつまります。

■ Xbox 360 Slim

今年の3月には基盤画像も登場し注目を集めたXbox 360 Slim、先日にはNatalよりも大きなアナウンスが用意されている!とのニュースも登場した事から再び登場への期待が高まっています。

さらにはPS3がいち早く実現した3D立体視への対応もされており、この大きなアナウンスの内容に注目が集まっています。これも回収はE3でのカンファレンスを待つのみ!ですね。

■ PSN+

様々な噂が登場したPSNの有料コースですが、既に現地の火曜日に行われるソニーのカンファレンスにて具体的な詳細が発表される事が明らかになっています。

■ ここから番外編:Respawnの発表は無し

Jason West氏とVince Zampella氏のFacebookアカウントでのポストからE3でのサプライズ発表が行われるとニュースになりましたが、これはアカウントが成りすましだった事が確認された事から既に回収済み。Respawnはリクルートと家具選びに忙しい事がEA PartnersやInsomniacから伝えられています。

■ 番外編その2:ルーカスアーツ新作の噂

先日ようやく後任の社長も決まって一安心のルーカスアーツ、懐かしのStar Wars: Starfighter復活の噂や、以前から話題の絶えないStar Wars: Battlefront IIIの登場も噂されていますが、Battlefront IIIのGameSpyでのサーバリストが発見された画像はどうやらフェイクの可能性が高いと考えられています。さてどうなるか!

■ 番外編その3:「鉄拳 vs. ストリートファイター」?

今月に入り突然登場した鉄拳 vs. ストリートファイターの噂、早ければE3での発表も?と囁かれていますが、そもそも本当に存在しているのか……、NAMCO x CAPCOMで共演の実績があるだけにややこしい噂となっています。

■ 番外編その4:スクウェア・エニックス、謎の新タイトル「Nerkas」

ロサンゼルスStaples Centerの巨大モニターで放映された謎のタイトルNerkas、ドメインなどからスクウェア・エニックスの新作と噂されていますが、これもE3で回収される事になるか、注目です。

■ 番外編その5:”Mass Effect 3″に”Dragon Age 2″の噂は修正済み

本サイトではお知らせしませんでしたが、GamespotのE3フロアマップページに”Mass Effect 3″、”Dragon Age 2″、さらにはバテン・カイトス新作にデッドオアアライブ5まで掲載されていたというニュースがありましたが、これはすでに削除済み。”Mass Effect 3″と”Dragon Age 2″の2タイトルについてはElectronic Artsにより、これがミスで既に修正したとの確認も行われました。

情報元及びイメージ:G4TV,vg247

「Duke Nukem Forever」を巡るApogee(3D Realms)とTake-Twoの訴訟問題が和解合意

2010年6月12日 18:27 by katakori
sp
「Duke Nukem Forever」

昨年5月に突如発表された3D Realms(現在はApogee Software)のスタジオ閉鎖と「Duke Nukem Forever」の開発資金に絡む問題で3D Realmsを提訴したTake-Two Interactiveの訴訟問題ですが、5月28日を以てこの裁判が和解合意に達した事が裁判資料から明らかになりました。

この問題は3D Realmsのレイオフに対して開発費を提供していたTake-Twoが開発を意図的に遅らせ損害を与えたとして訴えを起こした事に始まり、これに対して3D Realmsが開発中である事を主張し反訴するなど、IPや販売権の委譲などもお互いに視野に入った泥沼の展開となっていました。

和解の詳細については明らかにされていませんが、Foreverの商標は米国特許商標庁の登録内容によるとApogee Softwareが所持しており、出ない出ないタイトルの王”Duke Nukem Forever”の開発はこれまで通りApogeeが進められる事となりそうです。これで法的な問題は一先ずクリア!となったようですが、マンハッタンのリリースも決まったDuke様の今後がどうなるか動向に注目です!

情報元およびイメージ:shacknews

Assassin’s Creedシリーズのディレクターを務めたPatrice De’silets氏がUbisoftを退社

2010年6月12日 17:59 by katakori
sp
「Assassin's Creed」 アサシンクリード

Assassin’s Creed IIのスピンアウトタイトル”Assassin’s Creed: Brotherhood”の登場も明らかになり、先日はゲーム以外の展開のティザーも登場したAssassin’s Creedですが、本シリーズを産み出したUbisoftのクリエイティブディレクターPatrice De’silets氏がUbisoftを退社、モントリオールスタジオを去った事が明らかになりました。Ubisoftは氏の退社を認め、最早Assassin’s Creed: Brotherhoodに影響を与えていないとGameinformerに伝えています。

De’silets氏はモントリオールスタジオの初期タイトルからリードデザイナーを務めており、99年のHype: The Time QuestやPrince of Persiaフランチャイズの再生にも貢献した人物で、現在のUbisoftの大きなIPの1つとなったAssassin’s Creedの開発において中心的な役割を担いました。

また、今年4月にはSplinter CellシリーズやFar Cry 2の生みの親Clint Hocking氏も10年近く過ごしたUbisoftを退社しており、またもベテランのクリエイターが去ってしまった事となってしまいました。

モントリオールにはワーナーやElectronic Arts、THQなど有力デベロッパのスタジオが数多く存在しており、氏の次の活躍の場に注目が集まります。

情報元:Gameinformer

「Gears of War 3」のJace Stratton役として人気ラップアーティストの”Drake”が参加

2010年6月12日 16:30 by katakori
sp
「Gears of War 3」 ギアーズオブウォー 3

「Gears of War 3」のキャストに人気ラップアーティストのDrakeが参加し、本作の注目キャラクターの一人でもあるJace Stratton役を演じる事が明らかになりました。Drakeは昨年のミュージックシーンで大きく注目を集め、エミネムと共にグラミー賞も受賞、1stアルバムのリリースも決まり人気急上昇中のアーティストです。カナダ時代には俳優として活躍していた経歴も持つDrakeはきっとJace Strattonを魅力的に演じてくれる事でしょう。

情報元:shacknews

「Scott Pilgrim vs. The World」のデビュートレイラーが熱い!

2010年6月12日 15:02 by katakori
sp

映画”HOT FUZZ ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!-“で最高のおバカ映画を魅せてくれたエドガー・ライト監督の新作映画”Scott Pilgrim vs. the World”、これまで公開されたトレイラーを見ただけでも期待せざるを得ない作品ですが、先ほどゲーム版「Scott Pilgrim vs. The World」のデビュートレイラーが公開され、こちらも映画に負けないアメージングなタイトルになりそうな匂いに充ち満ちています。

本作はブライアン・リー・オマーリーが手掛けるコミック”スコット・ピルグリム”が原作となっており、物語は単純明快!ナードな少年スコット・ピルグリム君がヒロインのロマーナちゃんと付き合う為に元彼7人と戦う!以上!

という事で、この元彼7人との戦闘が最近のゲームをモチーフにばかばかしくもど派手に繰り広げられるのが映画版の見所な訳ですが、ゲームでは一変、表情豊かな8bitテイストのドット絵で様々な名作へのオマージュが捧げられており、ファイナルファイトやダブルドラゴン世代にはたまらない内容となっています。

ゲームではスコット・ピルグリム君を含む4人のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれにユニークなスーパーアタックや能力、アシスト攻撃、アンロック可能なムーブなどが用意。さらにCo-opプレイにも対応しています。

Scott Pilgrim vs. The WorldはUbisoftがパブリッシャーを務め、対応プラットフォームはPS3とXbox 360、リリース時期については詳細は明らかにされていませんが、PS3版が8月10日に登場するとも報じられています。こいつは期待大!

情報元及びイメージ:IGN

Valveが予定していた14日の「Portal 2」イベントが完全にキャンセル

2010年6月12日 13:36 by katakori
sp
「Portal 2」 ポータル 2

アパーチャサイエンス社からの気の利いたメールやサプライズの登場を期待させる展開にフェイクやらリーク?やらの虚実が入り交じりカオスな状態になっていた14日の「Portal 2」イベントですが、なんと完全なキャンセルとなった模様です。

これはvg247に来たValveのDoug Lombardi氏からのメールで明らかになったもので、メールには月曜にリーガルシアターで行われるプレスイベントが完全にキャンセルされた旨が記され、私たちに会う為に会場へと向かわないで下さいと書かれていたとの事。

なお、E3での展示に変更は無い様なので新情報は開催を待ってからという事になりそうです。悪い冗談であれば嬉しいのですが、今回の連絡がアパーチャサイエンスでは無くDoug Lombardi氏からと言うのが現実を物語っているようです。

情報元:vg247

あのカニ漁がPS Moveやオンライン対応を果たして帰ってきた!「Deadliest Catch: Sea of Chaos」が発表

2010年6月11日 20:31 by katakori
sp
「Deadliest Catch: Sea of Chaos」 カニ

2008年にリリースされ、あまりの斜め上具合にゲーマー達の度肝を抜いたカニ漁シミュレーション”Deadliest Catch: Alaskan Storm”が大きくパワーアップを果たして帰ってきました!Crave Gamesは本日続編となる「Deadliest Catch: Sea of Chaos」を正式発表、Xbox 360とWii、PS3でリリースされる本作は今月15日から開催されるE3のCrave Gamesブースにてデモンストレーションが行われます。

本作はディスカバリーチャンネルの人気ドキュメンタリーテレビ番組”Deadliest Catch”をベースにしたタイトルで、プレイヤーはドラマチックかつ世界でもっともタフな仕事”カニ漁”を体験する事となります。

今作ではベーリング海を舞台にズワイガニとタラバガニを得る為の針路決定をシミュレーションとしてプレイし、怒れる海からカニ捕り用のカゴを引き上げる際にはアクションを楽しむ事が可能となりました。また、プレイヤーは現実の漁と同じくカゴの設置や船の修理、氷塊の破砕や船外に落ちた船員のレスキューなどを行う必要があります。

「Deadliest Catch: Sea of Chaos」 カニ
カニだ!

新たにTV番組を忠実に再現する様々な要素を盛り込んでおり、実際に番組で発生したイベントや巨大な波、攻撃的な氷塊、頻繁に発生する船体の故障、巨大な嵐などのイベントが発生します。さらにライバル船との争いやオンラインリーグでの競争、シナリオのカスタマイズ、6つのユニークなキャンペーン、そして驚いた事にPS Moveへの対応も果たしモーションコントロールによるプレイも実現しています。

という事でどういうテンションでお知らせしたものかいささか迷う程のパワーアップ!E3でのデモが非常に楽しみなダークホースの登場となりました。Moveでカニをつり上げたい!

「Deadliest Catch: Sea of Chaos」 カニ
Nice boat!
情報元及びイメージ:IGN

いよいよケリガンも登場、「StarCraft II」の新しいシネマティックトレイラーがNBA決勝で上映

2010年6月11日 11:26 by katakori
sp

先日好評のうちにベータテストが終了し、7月のセカンドベータテストと7月27日のリリースに向けて最終調整が行われているBlizzardの最新作「StarCraft II」ですが、現地時間6月10日午後9時から行われたCelticsとLakersによるNBA決勝で本作の新しいシネマティックトレイラーが上映される事が明らかになりました。なお、すでにこのトレイラーが動画サイト等に登場しています。

映像には主人公のJim RaynorやダークテンプラーのZeratulに加え、テランを統べるMengskにザーグの女王ケリガンも登場!Blizzardらしいハイテンションな映像となっています。専らゲームのシステムや対戦バランスなどにスポットが当たりがちなStarCraft IIですが、やはりキャンペーンと物語の展開にも期待大!です。

情報元:IncGamers

Sidheの次回作と思われる未発表タイトルのコンセプトアートが素晴らしい

2010年6月10日 18:31 by katakori
sp
「Sidhe」
画像をクリックすると原寸のイメージにリンクします

これまでライセンスタイトルを多く手掛けてきたニュージーランドのデベロッパ「Sidhe」の次回作と思われるイメージが発見され、あまりに美しいそのアートワークに注目が集まっています。これはSidheの公式Twitterがtwitした物で、E3で発表が行われる旨が記載されています。

ただ、情報元のPSNStoreがSidheのMario Wynands社長に確認を取った所、Wynands氏はE3の発表を否定し、アナウンスが行われないと語っています。その後Sidheのサウンドクリエーターに確認した所、このゲームが特異なタイトルである事、プラットフォームもタイトルも不明である事などが確認され、どうやら状況が錯綜している様子です。

それにしても魅力的なこのアートワーク、一体どんなキュートなゲームなのか続報が非常に楽しみです。

情報元及びイメージ:PSNStores

誰得……まさかのスポンジ・ボブがMMOに!

2010年6月10日 18:12 by katakori
sp
「SpongeBob. SquarePants」 スポンジボブ

昨日MTV AsiaとGigaMediaがアメリカで放映されている人気TVアニメ「スポンジボブ・スクエアパンツ」をMMOタイトルとして開発している事を発表しました。2011年リリースを目標にした本作は中国、韓国、日本、台湾、東南アジアとインドをターゲットに展開される事が明らかにされています。

何とコメントしたものか……困った。まさかスポンジボブと巻き貝が戦ったりイカルド(タコ)とヒトデがPVPしたりするようなタイトルになったりはしないと思いますが、一体どんなタイトルになるんだろう。アジア向けという事は基本無料タイトルでアバターアイテムでマイクロトランザクションといった内容が想像できますが、ボブのズボンとか、カニの服とか買うかなぁ……続報が楽しみです!

情報元及びイメージ:Joystiq

「PS4」のバイラルと噂された映像はフェイク、ソニーのAl de Leon氏が確認

2010年6月10日 17:10 by katakori
sp

今月始めに”PS4″の名前が記された映像が登場し、何らかのティザーかと注目を集めていました。さらに、昨日この”PS4”の新映像が登場しModern Warfare 2が3D立体視対応になる?と海外情報サイトで注目が集まっていましたが、この一連の映像がフェイクである事がソニーのハードウェアPRを務めるAl de Leon氏により明らかにされました。

この映像は”SCELabs”と名付けられたYoutubeチャンネルで公開され、PS4の開発を過激な人体実験を以て行う緊迫した様子が描かれた後に”PS4″の文字列が登場する物。海外ではこれがPS3の立体視対応のプロモーション展開ではないかとの推測がされていましたが、公式に否定された事で解決となりました。

しかしこんな手の込んだ映像を誰が何の為に作ったのか、当サイトでは時期的に真偽の程が疑わしい内容であった事からご紹介せずにいましたが、フェイクだと理解頂いた上でこれらを見ると、また別の興味深い何かが見えてくるかもしれません。

情報元:GameInformer

ワールドカップ開催直前、久しぶりラビッツ映像とワールドカップ仕様の悶絶フィギュアが登場!

2010年6月10日 16:49 by katakori
sp

いよいよ明日6月11日から開催される2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会ですが、フランスのラビッツ達もどうやら熱中している様子。Michael Ancel氏の退社の噂に安否が心配されたラビッツ達ですが、元気にサッカーを楽しむいつもの姿が久しぶりに登場しました。よかったよかった……。

相変わらずゲームのプロモーションと一切関係ないのがいっそ清々しいラビッツ達ですが、今回はワールドカップ仕様のフィギュアが登場!お好きな方にはたまらない悶絶フィギュアに仕上がっています。

今回のE3ではまだラビッツの姿は見られそうにありませんが、去年のGamescomでは開催会場を間違えてライプチヒに潜入したラビッツ達、今年はどこに迷い込む事になるのか?今から楽しみです。Ubisoft様……どうか続報を。

「ラビッツ」
「ラビッツ」
「ラビッツ」
情報元:Gonintendo, イメージCynamite

「Alan Wake」の第一弾DLC”The Signal”のスクリーンショットと挿入歌”WAR”のPVが登場

2010年6月10日 15:29 by katakori
sp

Remedyによる渾身のスリラータイトル「Alan Wake」の7月27日にリリースされるDLC第一弾”The Signal”のスクリーンショットが公開されました。さらに本編の挿入歌として用意されていたフィンランドのロックバンド”Poets of the Fall”による「WAR」の新しいPVも登場し、気になる映像が納められています。

PVはどうやら先日存在が明らかにAlan Wakeの新プロジェクトのティザーを兼ねている様子で、俳優のIlkka Villi演じる実写のAlan Wakeが登場し、映像作品の一部と思われるシーケンスが多用されたPVに仕上がっています。実写映像は非常に再現度が高い物に見受けられ、テイストも文句無しで新プロジェクトの登場に期待が高まる内容となっています。

「Alan Wake」 アランウェイク
情報元及びイメージ:Joystiq, That VideoGame Blog

噂:ウーヴェ・ボルとジェシカ・シンプソンズで「メトロイド」映画?!……いやちょっと何を

2010年6月10日 14:45 by katakori
sp
「Metroid」 メトロイド

最近何の理由も無いまま謎の貫禄さえ感じられるようになってきたウーヴェ・ボル監督、映画”Postal”や”BloodRayne”、”Alone in the Dark”などの映画化で知られるボルですが、なんと元アイドルのセレブスター、ジェシカ・シンプソンズをサムス役としてメトロイドの映画を作るとの噂が聞こえてきました。……何を言ってるんだ。

噂の出所は海外情報サイトのGoFanboyで、女優(と書いてある)ジェシカ・シンプソンはメトロイドのハリウッド映画でサムス・アランを演じると噂され、彼女は映画に再び関われる事に興奮していると記されています……。

さらにジェシカ・シンプソンの宣伝担当者は彼女がプロットにも関わると発言しており(と書いてある)、複雑なストーリーから愛とアドベンチャーの物語にしたいと考えている事が記されています……。やめろおおおお。

という事で、どこからつっこめば良いのか全く判りませんが、任天堂がそんな事許可する訳がないと考えられる上に、ジェシカ・シンプソンの宣伝担当者が発言してる(と書いてある)事も全く意味が分かりません。GoFanboyは任天堂について過去にマリオブラザーズをハリウッド映画化してる事を忘れちゃいないと書いてますが、程度っちゅうもんがあるだろう……。

そこで、この悪夢のような事態を回収するためにIGNがボルに連絡をとり、この件について問い合わせた所ボルの答えは”It’s bulls#!t.” の一言。ボルが言うとどっちかわかんねえ……ダメだ。という事で真偽の程は判らないままですが、有り得ない話と断言して差し支え無いと思われますので、ボルの愉快な近況記事と思って読んで頂ければ幸いです。

情報元:IGN, イメージ:Go Fanboy

続報:先日のモータルコンバット映像は売り込み用のテスト映像、現段階では”フェイク”

2010年6月10日 12:13 by katakori
sp

先日突如登場し、あまりのクオリティとシリーズ再生を匂わす内容に大きな注目を集めたモータルコンバットの映像ですが、出演していた女優のJeriLRyanさんがこの映像の出自についてtwit、これがワーナーに対する売り込み用のテスト映像で実際に進められている映画では無い事が明らかになりました。

twitではこの映像がゲームトレイラーでは無い事が述べられ、売り込み用の映像であった事、後述のTancharoen氏の友人として好意で出演した事、そしてワーナーはこの映像に対してまだ具体的なアイデアをもっていない事が明らかにされています。

また、この映像はTVシリーズのDancelifeやFameと言ったダンス物の制作を手掛けてきたKevin Tancharoen氏による物で、戦闘シーンの振り付けは来る映画版”グリーン・ランタン”のスタント・コーディネーターも手掛けるLarnell Stovall氏による物である事が明らかになっています。

どうやら今後のまだ実現の可能性が残されたプロジェクトではあるようですが、現時点では映画化やゲーム化を意味する物では無い事から”フェイク”という判断で良さそうです。残念……。

情報元:G4

Valveとアパーチャサイエンス社が「Portal 2」の延期を発表”ゲームを作ることは難しい”

2010年6月10日 11:12 by katakori
sp
「Portal 2」 ポータル 2

Valveとアパーチャサイエンス社が提携し、14日の「Portal 2」をサプライズに変えるとアナウンスして以降、フェイクなあれこれの登場もあり、すわエピソード3か新エンジンかHL3かと世の中は上へ下への大騒ぎが続いていますが、昨日ゲイブが全ての噂を一蹴し事態はさらに混迷を極めています。

そんな中アパーチャサイエンス社がメディアに向けてアナウンスを行い、Portal 2のリリースが2011年に延期された事が明らかになりました。”ゲームを作ることは厳しい”と書かれたタイトルのアナウンスには、アパーチャサイエンス社とValveの倫理審査委員により管理されたリリースデートのリストラクチャリングプロセスが無事に完了し、Portal 2は2011年リリースをターゲットとしたとの事。設定がめんどくさいwww

両社の代表はこの延期が公的な安全に絡んだ物である事を述べ、Portal 2のリリースは遅れるものの、Valveタイムの構造に裂け目が現る事で人間の分子が光速で爆発し、全ての地球上の生命が瞬間的に停止するような事態にはならないだろうとパニックを回避するコメント。「また、ゲームがより良くなる」とも付け加えています。

もともとシャワーのカーテンレールを作る会社として1953年に誕生したアパーチャサイエンス社、アイゼンハワー政権時代に海軍以外の部隊全てへのシャワーカーテン支給から軍事産業との絡みや技術部門が登場する事となったアパーチャサイエンスですが、魚型のあれこれや大量のルバーブが入ったケーキやカーテンレールが得意な分野だけにゲーム作りはなかなか厳しい模様です。

設定……などない!しかし延期のアナウンスですらこの調子では14日のイベントは一体何が起こる事やら……もはや公式のアナウンスすらにわかに信じられないカオスな状況となっていますが、これでこそValve!あと数日と迫ったイベントを心待ちに過ごします。逆に、逆に楽しみ!

情報元:CVG

板垣氏率いるヴァルハラゲームスタジオがE3で新作発表

2010年6月10日 8:16 by katakori
sp
「Valhalla Game Studios」

“デッドオアアライブ”シリーズや、”NINJA GAIDEN”などを手がけた板垣伴信氏率いるValhalla Game Studiosが、来週から開催されるE3において、完全新作のタイトルを発表する事を公式サイト上のブログで明らかしました。

なお新作タイトルの内容や対応プラットフォームなど、詳細は明らかにされていません。板垣氏の最新作がどのような物になるのか、E3での発表を楽しみに待ちたいと思います。

情報元:CVG

「SherlockHolmes: Nemesis」ワトソンの恐怖!

2010年6月9日 17:21 by katakori
sp

この映像はFrogwaresが開発したホームズのアドベンチャーゲーム「SherlockHolmes: Nemesis」からの物、このシリーズはクトゥルーネタなども色濃く登場する隠れた名作!です。驚愕の内容は見ていただくのが一番。実は本当に恐ろしいのはクトゥルーでもルパンでもなくワトソンだったのです。

蛇足ではありますがBGMがあまりにも秀逸なので、是非大音量で楽しんで頂ければと思います。ワトソン君、こっちみんな……。

情報元:Super Punch
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.