「Uncharted 4: A Thief’s End」

先日、海外ローンチが2016年3月18日に決定し、多彩な特典を同梱する豪華な限定版が複数アナウンスされたNaughty Dogの人気シリーズ最新作「Uncharted 4: A Thief’s End」ですが、昨晩ラスベガスで行われたビデオゲームイベント“GameStop Expo”にて、お馴染み“Kinda Funny Games”がホストを務めた本作の新たなライブデモが上演され、Naughty DogのコミュニティストラテジストArne Meyer氏が非常に興味深い解説を加えています。

Naughty Dog QAチームのVivian Alcala氏がプレイしたライブデモ
  • シリーズ初のシングルプレイヤーストーリーDLCの導入について:先日、“Uncharted 4: A Thief’s End”の発売日決定に併せて、シリーズ初となるストーリーDLCの導入が判明したが、この件に言及したArne Meyer氏によると、Naughty Dogは“The Last of Us”のLeft Behindにおいて、シンブルプレイヤーストーリーを拡張するポジティブな経験を得ており、もう1度この種のコンテンツを“Uncharted 4”にもたらすべく挑戦したかったと語っている。氏は、これまで“Uncharted”シリーズに(ストーリーDLCを追加する)適切な手法が見つけられなかったと明かす一方で、“The Last of Us”の成功によって“Uncharted 4”にも活かせる確かなアプローチを手に入れたことを明らかにしている。
  • 最新作のネイトは少し年齢を重ねた外観となっているが、Arne Meyer氏によると、これはネイトが自身の冒険を重ねるなかで負った犠牲を物理的なレベルで反映されたものとのこと。
  • “Uncharted 4: A Thief’s End”は、Naughty Dogが常に作りたかった作品として、これまでは様々な制約から導入/実現出来なかったクレイジーなアイデアやゲームプレイメカニクスを多く盛り込んでいる。
  • 今回新たに提示されたプレイスルーはE3時のプレイと似たものだが、Naughty Dogがオープンリニアと呼ぶ今回の広大な環境には選択可能な多くのパスが用意されているとのこと。
  • 未だ謎の多いマルチプレイヤーは非常に素晴らしい仕上がりとのことで、氏は解禁が待ちきれないと強調している。

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその107
「バカだと思われてるのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.