「The Witcher 2: Assassins of Kings」 ウィッチャー 2

CDProjektがエンジンからフルスクラッチし開発に挑んでいる期待の続編「The Witcher 2: Assassins of Kings」、現状のビルドではまだ荒削りな面も見られるものの、チャレンジングかつ作品に対する熱意に満ちた大きなポテンシャルを秘めた注目タイトルの1つです。

そんな本作についてCDProjektのシニアプロデューサを務めるTomasz Gop氏がGamasutraのインタビューに応じ、The Witcher 2がRocksteadyの”Batman: Arkham Asylum”とQuantic Dreamの意欲作”Heavy Rain”に強くインスパイアされたタイトルである事を明らかにしました。

インタビューでArkham Asylumの戦闘に大きな影響を受けた事を語ったTomasz Gop氏は、インスピレーションについて言及する事に躊躇が無い事を述べ、それは悪い事では無いと発言、今回具体的にタイトル名を明らかにした2作に大きなオマージュを捧げる姿勢を見せています。

氏はArkham Asylumの戦闘について、何気なく戦闘を進められる以外にも、プレイヤーが計画的に戦闘を進めたいと希望した場合には、学習すべきシステムと共に多くの戦闘行動が用意されており、プレイヤーは戦闘前に予め戦略的な計画を錬る事が可能で、これにより多くの満足を得られる素晴らしいシステムだと評価、Witcher 2がまさにこういったシステムの実現を目指している事を明らかにしています。

Gop氏によるとWitcher 2には難易度選択も用意されており、イージーレベルの戦闘はハードコアな物では無く、剣を振り回しているだけでも多くの戦闘を生き残る事が可能になっているものの、困難なレベルでは戦闘を拡張する為の錬金術システム等を始め多くのシステムが用意されているとの事。

また、前作でも大人な雰囲気のセクシャルな表現がゲームの魅力の1つだったWitcherですが、今作からは前作のカードシステムが廃され、よりシネマティックな表現へと強化される事が発表されています。この性的な表現が今作における成熟したテーマとして重要な要素である事を語ったGop氏は、”Heavy Rain”が今作でのプレゼンテーションの変更を大きく促した存在である事を明らかにしています。

これまでに明らかにされた事前情報からも貪欲にThe Witcher 2を素晴らしいタイトルに仕上げたい熱意に満ちあふれているCDProjekt、技術的な部分のブラッシュアップや噂されるコンソール対応など、クリアすべきハードルはまだ多く山積していますが、どうかこの熱意のままリリースの日まで頑張って欲しいと切に願います。

情報元:Tech Spotlight
「Dead Space 2」 デッドスペース 2

Visceral Gamesが開発を進めている続編「Dead Space 2」、先日開催されたgamescomでは新たに無重力の宇宙ステージの映像も登場し、恐ろしく派手に、そしてスーパーヒーロー並の活躍を見せるアイザックさんの姿に多くのファンが期待を高めています。

今作では新たにマルチプレイモードが搭載される事がElectronic ArtsのボスJohn Riccitiello氏から明かされていますが、現在の所マルチプレイに関する情報は全く謎に包まれたままでした。そんな中、Electronic Artsが9月中に本作のマルチプレイに関する情報を発表するとThat Videogame Blogが報じました。

噂ではNecromorph達と人間勢力に分かれ戦う事になるとされるDead Space 2のマルチプレイ、一体どのような物が登場するのか、続報あり次第改めてお知らせいたします。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog
「Apache: Air Assault」 アパッチ エアーアサルト

先月15日にActivisionが発表した戦闘ヘリ”アパッチ”を操作するフライトコンバットゲーム「Apache: Air Assault」のリリースが11月9日に決定した事が明らかになりました。なお発表に併せて新スクリーンショットも公開、戦闘ヘリ好きにはなかなかたまらないクオリティのイメージが揃っています。

Apache: Air Assaultはアフリカや中東、中央アメリカなどを舞台に16ミッションが用意されており、画面分割による2人用Co-opプレイやオンラインの対戦モードも用意されています。

本作の開発を手掛けるのはロシア発のジャパニメーション風美少女アクションゲームとして知られる”Xブレード”を手掛けたGaijin Entertainmentで、対応プラットフォームはXbox 360とPS3となっています。

「Apache: Air Assault」 アパッチ エアーアサルト
「Apache: Air Assault」 アパッチ エアーアサルト
「Apache: Air Assault」 アパッチ エアーアサルト
「Apache: Air Assault」 アパッチ エアーアサルト
「Apache: Air Assault」 アパッチ エアーアサルト
情報元及びイメージ:Kotaku
「Ubisoft」

Ubisoftが9月3日からシアトルで開催されるゲームイベントPAX Primeでの出展リストを公開、その中からXBLA及びPSNタイトルとされる新作「Outland」が発表される事が明らかになりました。なお、ゲーム内容等に関する詳細はまだ明らかにされていません。

この他出展タイトルはFitness Evolved、MotionSports、水口哲也氏の新作Child of Eden、Assassin’s Creed: Brotherhood、H.A.W.X. 2、Just Dance 2となっています。各タイトルの続報等改めてお知らせいたしますのでお楽しみに!

情報元:VG247
「Deadpool」 「Doctor Doom」

本サイトでは「Marvel vs. Capcom 3」の萌えキャラぶりで登場頻度が高いマーベルヒーローのデッドプールさん、コミカルな性格とサイコパスが同居する完全にトチ狂ったキャラクターながら、どうやっても憎めない上に敵とも味方とも付かないふらふら具合が魅力的な人気キャラクターです。

これまで映画”ウルヴァリン:X-MEN ZERO”に出演していたデッドプールさんですが、改めて彼が主人公を務める映画が制作される事が発表されたものの、監督が決まらない状態が続いていました。そんな中、20世紀フォックスが現在マチェーテの制作を進めているロバート・ロドリゲス監督にデッドプールを託そうとアプローチを続けている様です。

今の所まだ具体的な進展は得られていない模様ですが、既にロドリゲスは脚本に目を通した事が明らかにされており、進展に注目が集まります。なお、ロドリゲスの次回作はジェシカ・アルバ主演のスパイキッズ4とされており、さらにデンゼル・ワシントンが主役を務めるスパイスリラー”Safe House”にも俳優として参加する事が明らかにされており、スケジュール的に厳しいのではとの見方も強い状況の様です。

しかしマーベル随一の変態キャラクターであるデッドプールさんをロバート・ロドリゲスが手掛けるとなれば期待値は当然ながら素晴らしく高い物になります。どうかフォックスにはこれを実現して欲しい所!

さらに驚いた事に映画ファンタスティック・フォーにリブートの噂が登場しています。確かに前2作でヒューマン・トーチを演じていたクリス・エヴァンスが来るキャプテン・アメリカを演じる事が明らかになっている事もあって、これまでのメンバーのままファンタスティック・フォーを進めていく事には若干の違和感を覚えないでもありません。

この噂は現在HBOの吸血鬼をテーマにした人気TVシリーズ”True Blood”で吸血鬼Bill Comptonを演じるイギリス人俳優のStephen Moyerが新しいDr. ドゥーム役にキャストされたとのから明らかになった物。

さらにKevin Penningtonが新たなヒューマントーチ役に、戦場のピアニストにてアカデミー主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディがMr.ファンタスティックに、I.C.E.特別捜査官のアリス・イブがインビジブル・ウーマンを演じ、2012年夏に新生スパイダーマンとアベンジャーズ第1弾に匹敵するタイトルとして制作する事を望んでいる事が記されています。

情報元:IGN, IGN
「Xbox 360 コントローラー」

先ほどjoystiqが今年のホリデーシーズンにマイクロソフトがd-padに改善を加えた新しいXbox 360用コントローラーをリリースするだろうと報じました。ソースに関する詳細は記されていないものの信頼できる筋からの物だと記されており、同様の噂を報じた/gamerにはGamestopのマネジャー会議にてマイクロソフトが発表したと記載されています。

まことしやかな噂として報じられているこの新コントローラーは、近年かつての勢いを戻しつつある格闘ゲームのプレイヤーをターゲットにした改善が施された物だとの事で、より正確なコントロールが実現されるのであればパッドプレイヤーの福音となるコントローラーとして大きく注目を集める事になりそうです。

情報元及びイメージ:Joystiq
「Uncharted 2: Among Thieves」 アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

先ほど”Borderlands”GOTYエディションの噂が現実となったニュースをお知らせした所ですが、なんと新たにNaughty Dogの名作「Uncharted 2: Among Thieves」にもGOTYエディション登場の噂が聞こえてきました。

これは小売サイトのPlay AsiaにGOTYエディションの商品ページが登場し、予約を開始した事から明らかになった物で、発売は2010年10月で価格は58.75ドルと記されています。

また、先月にはNaughty Dogのコミュニティストラテジストを務めるArne Meyer氏がPlayStation Universityのインタビューにて、DLC等の内容を含めたGOTYエディションのリリースに興味を持っている事を明言しつつも、まだ発表する時期ではないと発言しており、登場に期待が寄せられていました。

いよいよ各社年末商戦に向けた動きが具体化しはじめた昨今、この嬉しいGOTYエディションも近く公式発表が行われる事になるか、続報に期待です。

情報元及びイメージ:GamersMint
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス

GoogleとBing上に「Call of Duty: Black Ops」のXbox 360向けベータテストの開始とサインアップを促す広告が掲載され始め、すわベータテスト開始かとになっているニュースですが、つい先ほどTreyarchのコミュニティマネジャーを務めるお馴染みのJosh Olin氏がこの広告についてtwit、広告がオフィシャルな物では無いと述べ、氏が発言しない限り公式の物ではないと噂を否定するコメントを明らかにしました。

ただ、このWorld at Warで使用されたURLと公式サイトにリダイレクトされるこの広告の正体が一体何であるのか、詳細は未だ不明です。果たして9月1日に公開される完全版のマルチプレイトレイラーにて真偽の程は明らかになるでしょうか。

「Halo: Reach」 ヘイロー リーチ

VGChartzが北米におけるゲームタイトルの予約状況の最新ランキングを発表、Bungie最後のHaloタイトル「Halo: Reach」が今週20万3,984本の予約を受け、ローンチまで3週を残し145万8,990本に到達し、北米で最も多いプレオーダーの記録に達した事が明らかになりました。

なお、2位にはローンチまで11週となったXbox 360版Call of Duty: Black Opsが47万8000本でランクインし、7週を残すElectronic ArtsのMedal of Honorが27万本で3位に付けています。

情報元:VGChartz
「AMD」

海外情報サイトのTech Reportが現在Nvidiaとビデオカード市場を二分するATI Radeonブランドから長年愛されたATIの名前が外され、今後は新たにAMDの名前が冠される事になったと報じました。

AMDは2006年にATI社を54億ドル規模で買収し、以降ATI Radeonブランドの人気は上昇しNvidia製品と文字通り二分するシェアを実現したのはご存じの通りです。今回の商標統合により”ATI Radeon”と”ATI FirePro”はAMDマークを冠した”Radeon”と”FirePro”とシンプルに変更され、さらなるブランド強化を図っていく模様です。

AMDがTech Reportに伝えた所によると、現在グラフィックスカードビジネスがちょうどロール上にある事をリブランドの良いタイミングだとし、年末に掛けて様々なクラスの製品を投入する事によってライバルであるNvidiaに対する勝利を確実な物にしたいとの事。

AMDが自社で行った調査では様々なビデオカードについて知識が豊富な消費者ほどRadeonの名前を認知しており、彼らがさらにAMDを好んでいる傾向にあるとの結果が出ているそうで、この結果を元にしたブランド統合はより良い物になると考えている事を示唆しています。

なお、Radeon HD 5000シリーズを含めた既存の製品のリネームは行われず、今年後半にAMD Radeonブランドの最初の製品が投入される予定です。

年末に登場するとされる消費電力が5.5wという低電力の”Bobcat”CPUとRadeon GPUの統合ユニットである”Ontario”APU(Accelerated Proccessing Unit)は40nmプロセスで製造が進められており、2011年前半にはクアッドPhenom IIクラスのCPUに、より強力なGPUを組み合わせた”Llano”APUの登場も予定されています。今回のリブランドはGPUのみならず本格的なAPU登場への布石も兼ねた物であるのかもしれません。

情報元及びイメージ:The Tech Report, Shacknews
「Borderlands」 ボーダーランズ

先日GameStopにガイドブックがリスト入りした事で存在が噂されていた「Borderlands」のGOTYエディションですが、昨晩Gearboxの公式TwitterがGOTYエディションをアナウンス、現在開発が進められている最新DLC”Claptrap’s New Robot Revolution”を含めた4つのDLCとボーナスマップを含み、Xbox 360とPS3、PCで10月にリリースされます。

Gearboxは9月3日からシアトルで開催されるゲームイベントPAX Primeにて、小説”World War Z”のゲーム化タイトル”Z-Day”か、それともエイリアンフランチャイズの”Aliens: Colonial Marines”か、もしくは”Duke Nukem Forever”かとも噂される大きな発表も控えており、Claptrap’s New Robot Revolutionの内容も含め、様々な情報が登場すると考えられます。続報をお楽しみに!

情報元:VG247
「梅原選手」

今年はとうとうMad Catzとプロ契約を結び、EVO 2010のスーパーストリートファイターIV部門では圧倒的な強さで優勝を果たした梅原大吾選手、先月末には「最も多くのトーナメントで優勝したプレイヤー」(15勝)としてのギネス入りを果たす事が報じられていましたが、先週末ロンドンで行われたゲームイベント“Super Vs Battle”の会場にてギネスが”Guinness Book of World Records Gamer’s Edition 2011″への登録を完了したとして、梅原選手に登録証明書を授与しました。

梅原選手は受賞について「この勇敢な国際的トーナメントの成功の中で表彰を受ける事は本当に大きな名誉で、これまでの国際的な格闘ゲームコミュニティ上での激しい戦いを思えば、より特別な賞です」と喜びのコメントを寄せています。

今後日本でのEvoなども控えるスーパーストリートファイターIV、日本が誇る世界的なスターの存在が今後もより格闘ゲーム文化のベースアップを果たしていくことは間違いなさそうです。

情報元:Joystiq, イメージ:Kineda
「Montreal International Games Summit」

2004年から毎年モントリオールで開催されている国際的なゲームイベントMontreal International Games Summit(以下:MIGS)、今年は11月8日と9日にHilton Bonaventureホテルにて開催される予定のMIGSですが、本日公式サイトにてキーノートの講演者リストが発表、先日Atari 2600向けのHaloを発表し、かつてはマイクロソフトのVPとして初期のXboxプロジェクトに大きく貢献し、Xboxの産みの親の1人でもあるEd Fries氏が登場、Atari 2600とハードウェアの制限をベースに”美”について講演をする事が明らかになりました。

かつてXboxを生み出したEd Fries氏は2004年にマイクロソフトを去って以来、FireAnt社を起業、その後FireAnt社はSOEによって買収、物理演算シミュレートを行うAGEIA等と関係した後、現在は自身が熱心なプレイヤーでもあるWorld of Warcraftのフィギュアを作成するFigure Printsを起ち上げ、プレイヤー達の3Dモデルをフィギュア化するサービスを運営しています。なお、氏が作成したHalo 2600はcodemysticsにて公開されており、実際にプレイが可能です。

さらにインディスタジオとして注目を集める2D BOYの創設者であるRon Carmel氏も登壇、独立デベロッパのビデオゲーム開発に関する重要なステップについて講演を行います。

この他にゲームデザインや戦略的なマーケティングなどを専門に手掛けるFuzbiのディレクタDavid Edery氏が、成長中の市場で成功する方法とデジタル流通のライフサイクルについて講演。

また、ビジュアルエフェクトやゲームデザインのスクールGnomonのCEOを務めるAlex Alvarez氏は成人に対するゲームのアート教育における重要性を講演、さらにソーシャルゲームのTOPグループデベロッパとして知られるPlaydomのデザイナScott Jon Siegel氏はカジュアルゲーム開発の現場における成功の概念の定義について講演を行います。

さらに現在Rock Band 3の開発を進めているHarmonixの開発者Ryan Challinor氏が従来のコントローラーを用いないゲーム開発のプロセスに関する講演も行われるとの事で、どうやら今年のMIGSも非常に興味深い講演が多く用意されている模様です。

情報元:Edge

Telltaleが開発を手掛けている新生Sam & Maxシリーズのシーズン3「Sam & Max: The Devil’s Playhouse」の最終エピソード”The City that Dares Not Sleep”がいよいよ8月30日にPCとMacでリリースされます。

フリーランスの警察として暮らすサムとマックスの凸凹コンビが可愛らしい新シーズンでは、マックスが古代のアーティファクトから超能力を手に入れて、銀河系の支配を企むゴリラ宇宙人やら不気味な神様やら地底人やらが登場し、マックスは脳みそ盗まれるは、サムには大量のドッペルゲンガーが登場するわで、なかなか大変な事になっています。

最終エピソードではスリリングなツイストが加えられたシナリオで、ショッキングな結末を迎える旨が記されており、映像にはマックスが……巨大化した邪悪なジャイアントマックスの姿が!そんな変わるかねwww

シーズン3では全2作と比べゲームシステム等、大幅な進化を果たしており、なんだか気がついたらもう最終エピソードとなってしまった今回のSam & Max、マックスはTelltaleの発表が控える謎の新作にも登場しますが、やはり次の本編を速やかに進めて欲しい所!なお、PS3版は北米で8月31日、ヨーロッパで9月1日から利用可能になります。

「Sam & Max: The Devil's Playhouse」
「Sam & Max: The Devil's Playhouse」
「Sam & Max: The Devil's Playhouse」
「Sam & Max: The Devil's Playhouse」
「Sam & Max: The Devil's Playhouse」
情報元及びイメージ:VG247
「Fallout: New Vegas」 フォールアウト ニューベガス

先日開発が完了し、認可フェーズへと移行した事をお知らせした「Fallout: New Vegas」、エンディング後のフリープレイが無い事なども明らかになった本作に、DLCのリリースが計画されている事が明らかになりました。

これはBethBlogで新たに始められたポッドキャストにて本作のシニアプロデューサーを務めるJason Bergman氏がすでにDLCの開発が進められている事を明らかにした物(該当箇所は開始2分30秒あたり)。氏は発表もそう遠くない事を明らかにしており、続報が待たれます。

さらに先日ESRBによるレーティング審査も通過、本作が17歳以上を対象にしたMレーティングである事が明らかになりました。その中に興味深い一文が記されており、New Vegasに多数登場するロボットの中に性的なサービスを行うセクサロイドが存在している事が明らかになりました。

ESRBによると直接的な描写は行われていないものの、そういった行為を示唆するテキストが実際にESRBの概要には記されています。前作でも自分の事を人間と勘違いする程に精巧なアンドロイドが登場しており、今回も人間とロボットの新しい関係性が描かれる事となりそうです。

さらに1UPにはObsidianのCEOを務めるFeargus Urquhart氏がインタビューに登場、様々な質問に応え、Fallout: New Vegasのデザインコンセプトや大きな自由度についてアピール、本作をFallout 3の単なる拡張でも続編でも無く、GTA3に対するGrand Theft Auto: Vice Cityの様な存在だと説明、60時間を超えるゲームプレイが可能な本作のボリューム感を強調しています。

情報元及びイメージ:Joystiq, 1UP, GameInformer
「Gears of War 3」 ギアーズ オブ ウォー 3

自身を主人公に据え、破天荒にも程があるストーリーに加えとても文字に起こせないダーティな台詞を吐きまくるTPSタイトル”50 Cent: Blood on the Sand”をリリースし、Modern Warfare 2にもカメオ出演を果たしたギャングスタラッパとして知られる50セントのアニキですが、先ほどCliffy Bが自身のTwitterにて50セントにラブコールを送り、「Gears of War 3」がセレブ達によるマーケティングを始めるかと注目を集めています。

Cliffy Bは50セントのアニキに「50さ、DJ Whookidと一緒にノースカロライナまでGears 3を遊びに来なよ、チェーンソーでケツの穴真っ二つにしてやるから」と語りかけており、この働き掛けがどうなるか詳細は明らかにされていません。是非実現して2人による何らかを期待したい所。続報に期待です。

情報元及びイメージ:TQcast
おっちゃん:パンダチーズ買ってきたよー!
シェフ:俺頼んだのそれじゃねえし!

この映像はエジプトで販売されている”パンダ”ブランドのチーズや乳製品のTVCMです。一切ゲームには関係ありませんが、今回はあまりにもキュートかつカオスだったのでご紹介。こんなユーモアに溢れた愉快CMが放送されているとはエジプト恐るべし!パンダの肩周りのプロポーションとリズム感に注目です。

上司:チーズサンドイッチ食べる?
社員:いやー今そんなお腹すいていないっす
ナース:パンダチーズ食べますか?
患者:あー今そんな気分じゃないかも
子供:パパー、パンダチーズ買おうよ
父:もう今日はたくさん買っただろ?
前回の教訓に学んだ父、さらに追加購入を迫るパンダ
情報元:Pixfans
「Epic Mickey」 エピックミッキー

キュート好きの琴線を鷲づかみにして止まない「Epic Mickey」、オズワルドの破壊的な可愛さと現実に起こった悲しい物語、その後のミッキーの誕生や、今作で実現されるミッキーのリデザイン等、そしてそれを形作るのがかつてハードコアゲームの名匠として知られたウォーレン・スペクター氏である事まで、様々な側面から注目すべきタイトルだと言えます。

まだリリーススケジュールの発表が行われていない本作ですが、昨晩豪華な特典が用意されたコレクターズエディションが発表、新ミッキーのフィギュア(プロポーションとポーズ!!)にボーナスDVD、オズワルドが描かれたWiiリモコンのプレートらしき物が同梱される事が明らかになりました。ディスクの盤面にもオズワルドが!なお、価格は69.99ドルとの事。

さらに、amazonに限定版のハードカバーEpic Mickeyガイドブック”Epic Mickey Collector’s Edition: Prima Official Game Guide”のリスト入りが発見され、その概要から、どうやらEpic Mickeyでは収集要素として75種類のディズニーのピンバッジが用意されている事が明らかになりました。

このガイドブックではモラル選択による本編のガイド、パズルやミッション、ボス戦のウォークスルー、全レベルのマップ、懐かしいディズニーのキャラクターから今作で登場する新キャラクターまで完全なキャラクターと敵の解説、75種類のピンバッジを集める為のガイド、さらにこの限定版には専用のボーナスコンテンツが用意されているとの模様です。

Epic Mickey Collector’s Edition: Prima Official Game Guideの価格は2,713円(amazonでは2,661円に割引され予約受付中)、リリースは11月1日と記されています。さて両方ともどうやって購入するか……それが問題だ。

1 / 1512345...10...最後 »
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその118
「4コマ:じじい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.