トロフィー

みなさん実績とトロフィー頑張ってますか?筆者はすっかり皆に追いつけず、スチーム実績ですら達成できず、もうそんな物はなかった。見なかったと蓋をしている毎日ですが、そこには若干羨ましい気持ちが混じっている事も事実です。山を登る事に理由は必要無く、実績/トロフィーを達成する事は、そこに実績/トロフィーがあるから!としか言いようがない訳ですが、このポイントがもしも自分との戦いや自己満足だけでは無く、有用に利用可能なものだったとしたら皆さんいかがでしょうか!

世界のトップランカー達にはゲームの内容よりも、如何に実績/トロフィーを獲得しやすいかでその内容を判断すると言われる程に実績/トロフィーは危ない魅力を持っています。これは要するにモチベーションの維持をさせやすいという事に他ならず、BioWareがDragon Ageの開発にあたって社内での実績/トロフィーシステムを設けた事からも明らかです。

という訳で前置きはほどほどに、実績/トロフィーのポイントがこんな風に利用できたらいいなリスト!は、以下の様になっています。

  • アバター用のアクセサリーをアンロック
  • より強力なインゲーム内装備
  • HOMEに再現した主人公キャラクター達の住居の入手
  • フリーのアーケード或いはPSNタイトル
  • 独占的なゲームコンテンツ
  • ゲームの値引き
  • 無料の映画レンタル
  • Blu-Ray用のクーポン
  • ベータとデモへの参加権
  • 無料のセブンイレブンSlurpeeクーポン(詳しくは過去記事へ)
  • E3への参加権
  • デベロッパのサイン入りゲームタイトル
  • PSNとLiveで使えるポイントに還元
  • GameCrush.com(先日話題になった女性一緒にゲームがプレイ出来るサービス)への無料アクセス
  • Game Fly(ゲームのレンタルサービス)で使用できるポイントに還元

以上、いかがでしょうか。実現されたらゲームビジネス全体の売り上げが大きく拡大されそうな気がしますが、下手すると人類が滅びかねないので、やっぱり実績/トロフィーがそこにあるから!と頑張っている方が人間的に健康であるような気がします……。でもここには抵抗できない悪魔的な魅力が潜んでいる事もやはり現実、くわばらくわばら。

情報元:TQcast
「Modern Warfare 2」 モダンウォーフェア 2

とうとうリリースされた「Modern Warfare 2」初のDLC”Stimulus Package”ですが、Infinity Wardはこのローンチを祝してNPO法人で退役軍人の就職支援などを行うCall of Duty Endowment(CODE)を通じ、米国海軍に対して18万ドル分のModern Warfare 2を寄付しました。

CODEはこれをベテランのトレーニングや就職斡旋の支援に活かし、失業問題に関する注意を喚起する目的で利用するとの事。これにより、およそ3000本のModern Warfare 2が海軍の福祉およびレクリエーション施設、さらに300隻を越える軍艦と潜水艦に配られるとの事。果たしてベテラン軍人の失職問題に効果があるのか、いささか疑問ではありますが、なんとも気前の良い話ではあります。

さらにInfinity Wardのプロモーションを担当するお馴染みRobert Bowling氏がStimulus Packageのローンチについて、「Modern Warfare 2が2010年も引き続き最も人々のプレイされるコンソールタイトルだと確信している」と発言、さらに王座を奪うのがEAとEA DICEが手掛けるBad Company 2ではなく、Medal of Honorか或いは新しいCall of Dutyだろうと続けています。

昨日のサービス開始で若干躓いたStimulus Package、復帰するプレイヤーも多いかと思いますが、Bad Company 2のリリースにより利用率やプレイ率に少なからず影響を受けているModern Warfare 2、この辺りの統計調査の結果は改めてお知らせしたいと考えていますが、いずれにしてもBad Company 2のリリースでもっていよいよ王座に絡む戦いが始まった事は事実です。今後のModern Warfare 2の動向も含めまだまだ楽しませて暮れそうです。

「THQ」

先ほどDarksidersのPC版リリースをお知らせしたばかりのTHQですが、昨晩THQの副社長を務めるDanny Bilson氏がCVGのインタビューに対し、今後のリリースタイトルについても言及、E3に向けて人々を圧倒するような大作の発表を準備している事を明かしました。

氏によるとこのタイトルはメジャーなデベロッパによって開発されている物で、かなりクールな物だとの事。Bilson氏はそのデベロッパと共にプロジェクトを進めている事自体がCoolだと表現しており、どんなデベロッパとタイトルが登場するのか見物です。

さらに今年登場予定のRed Factionシリーズ最新作についても話は及んでおり、最新作がRed Faction: Guerrillaとかなり異なる物になるが、非常に類似してもいると語り、以前の要素と新しい要素を組み合わせた物であると表現しています。Bilson氏はGuerrillaが想像以上に素晴らしいタイトルとなり良いセールスを納めたと考えていますが、ゲーム全体が比較的単調であった事を問題視しており、ストーリーがより魅力的になる事、これまで登場する事のなかった新しい要素が盛り込まれる事などが明らかにされています。

Red Factionシリーズ最新作についてもE3で詳細な情報が明らかになる事を期待したい所、サプライズと共にE3を楽しみにしておきたいと思います。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog, That VideoGame Blog
「スーパーストリートファイターIV」Super Street Fighter IV

スーパーストリートファイターブラザーズ!

「スーパーストリートファイターIV」Super Street Fighter IV

スーパーストリートファイターブラザーズ2!

2の明らかに戦意を喪失している的な口のぽかーん具合が非常に可愛らしい、そんな中、サガットが一人にやり顔なのが非常に気になります。以上、出オチです。

イメージ:deviantART
先日のPAX EASTで登場したリーク映像、アイザックさんが格好良くなった

良作続きで期待が高まるVisceral Gamesの次回作「Dead Space 2」、先日開催されたPAX EASTではとうとうインゲームの映像も登場してあまりのアイザックさんの格好良い進化にますます期待が高まっています。

前作Dead Spaceは国内ではなかなかプレイが難しかった物の、素晴らしい良作でカルト的な人気タイトルとなり、一気にVisceralの名を世に轟かせましたが、セールスについてVisceralはもう少しやれる事があったと考えているようです。

2008年10月14日にリリースされたDead Spaceは、リリース当初その注目度はさほどでも無く、その素晴らしいゲーム性と新しい体験をアピールしきれないまま初動のセールスを逃しました。リリース後1ヶ月以上遅れてやっとデモが登場、このデモの登場が1作目の成功に貢献した重要な要素であったとVisceralのプロデューサーSteve Papoutsis氏は考えているようです。

Steve Papoutsis氏はDead Space 2のデモについて、前作でのリリース遅れや、デモリリースの難しさについて踏まえた上で、「新しいプレイヤー達がDead Space 2をチェックする事が出来る事に重点を置いています」と発言、興味を持っている多くの人々に対して、本作をチェックして購入に至る機会を与えたいと続けています。

どうやらデモ登場の可能性は濃厚な様子、God of Warコピーと揶揄された前作のダンテズ・インフェルノにおいてもデモが色々な意味で良い効果を上げており、VisceralとしてはDead Space 2でもさらなる新しいプレイヤー獲得を果たしたい所。正式な続報に期待したい所ですね。

「Darksiders」 ダークサイダーズ 審判の時

昨晩THQとVigilが今年初めにコンソールで登場した「Darksiders」のPC版を6月にリリースする事を発表しました。VigilのDavid Adams氏はPC向けに手直ししたインターフェースと操作周り、そしてゲームパッドの対応を明言しており、PC向けの最適化を図ると述べています。

国内では残念ながら大きく話題にはなりませんでしたが、比較的好評価を得ているDarksiders、セールスも順調な様でPCでも一定の成功を収める事が出来るか、気になる所です。

情報元:Joystiq
「Spider-Man: Shattered Dimensions」 スパイダーマン

先日からちらほらと噂が出ていたスパイダーマンゲームの新作「Spider-Man: Shattered Dimensions」がActivisionから正式にアナウンスされました。併せて映像なども公開され、平行宇宙展開が得意(?)なマーベルの幅広いの一言では表現しきれないカオスな原作を基に4つのスパイダーマンワールドが描かれるとの事。

当然その内の1つはお馴染みのピーター・パーカーが主役のSpider-Manとなるわけですが、今回の正式アナウンスではなんとMarvel Noirシリーズから”Spider-Man Noir”が登場、ノワールの名の通り1933年のニューヨークを舞台にピーターとオズボーンが暗黒街などを舞台に戦いを繰り広げるという設定はカオスですが、その雰囲気とテイストはノワールに相応しい渋いタイトルです。

「Spider-Man: Shattered Dimensions」 スパイダーマン

という事でのっけからSpider-Man Noir登場というあまりにぶっとんだそのセレクトに、残る2つのスパイダーマンに何が選ばれるのか、やはりファンは気になるところ。その2種類の候補についてJoystiqが予想を発表、次の様な候補が選ばれています。どれが来ても楽しそう……。詳細は次の様になっています。

■ Spider-Man: India

「Spider-Man: Shattered Dimensions」 スパイダーマン

知らない方が見たらパロディかと勘違いしかねないインドなスパイダーマン、靴が非常に繊細であまり強く無さそうな可愛いスパイーダーマンです。さすがに中身がピーター・パーカーでは無理があって、Pavitr Prabhakarというインドの貧しい少年が主人公となっています。奨学金を貰うために勉強を頑張るPrabhakar君がヨガの達人からスパイダーマンの能力を授かる……というマーベルのフリーダムさが滲み出るタイトルです。なお画像の後ろに見える触手みたいなのは敵のドクター・オクトパスの手です。

(続きを読む…)

先日からCES 2010でのデモンストレーション映像の流出が止まらない「Gran Turismo 5」、様々なモードや新車種、カメラビューなど新しい情報が様々明らかになっています。そんな本作のおかしな物理演算の挙動映像が登場、以前も同様の物理演算に関する映像が話題になりましたが、今回は思いっきりウィリーしています。

山ほどの新情報で本当にリリースが待ち遠しいGran Turismo 5、そろそろリリースに関する正式アナウンスが聞きたいところです。

情報元:All Games Beta
「Alan Wake」 アランウェイク

素晴らしい映画的な体験とクオリティでエポックなタイトルとなったPS3専用タイトルの「Heavy Rain」ですが、ライバルとされるXbox 360の「Alan Wake」でモーションキャプチャーを請け負うCaptiveMotion社のヘッドMark Carson氏がVG247のインタビューに応じ、Heavy Rainについて語り「技術的に信じられない程の物だが、欠点があった」と発言、そのどれもが美しくブリリアントだと表現しつつ、いくつかのポイントにビジュアル的なムラが存在すると意見を述べています。

Mark Carson氏はかなりAlan Wakeでのモーションキャプチャーに自信があるようで、Alan Wakeがリリースされれば氏の発言に皆が同意するだろうと発言しています。しかし氏は実際にはPS3を所持していないそうで、この意見は様々なサイトのレビューや公開された映像から判断したものだと加えています。

こちらはヘビーレインのモーションキャプチャーの様子、フェイシャルについても確認できます

たしかにこれまで公開されてきた開発段階の映像や資料をみるかぎり、フェイシャルのキャプチャーに関しては割と差が発生しそうな事が見て取れます。ヘビーレインの方は良く見られるマーカー方式のキャプチャーを採用しておりマーカーの数は80程の物に見えます。方やAlan Wakeは小さなシールの様なマーカーを用いた物でかなりの数のポイントがキャプチャーされている様子が確認されています。さらにキャプチャーのポイントは筋肉にそって配置されており、こちらもモデルデータに自然な演技をさせるには有効に見えます。

「Alan Wake」
こちらはAlan Wakeのフェイシャルキャプチャーの様子、物凄い数のマーカー

いずれにしても大成功を収めたヘビーレインと5月リリースを控えるRemedy渾身の一作Alan Wake、そのビジュアル合戦の雌雄が決する事になるのはもう少し先の事になりそうです。

ヘビーレイン撮影の様子、モーションアクターの凄さが納められています
情報元:Pixfans, VG247
「Will Wright」

シムシリーズ等で知られるゲーム開発の巨人ウィル・ライト氏ですが、現在はMaxisを去り、新スタジオStupid Fun Clubを立ち上げてロボット関連の新プロジェクトに取り組んでいるとされています。そんなウィル・ライト氏がシミュレーションとテレビを組み合わせ、アメリカンアイドルやオズボーンズといったリアリティ番組の様なゲームタイトルを手掛けているとの噂が聞こえてきました。

新プロジェクトのドキュメントを確認したとするIGNによると、このプロジェクトは”The Creation Project”と呼ばれる物で、ウィル・ライト氏によって開発されたStoryMaker Engineというエディタを用いて、ユーザーが何らかの物語を投稿、それが放映されるという仕組みの物だそうで、モバイルデバイス上に展開されるコミュニティと連動したソーシャル的な側面も持ち合わせる物になるとの事。

ゲーム開発から距離を少し置いたかと思われていたウィル・ライト氏、この新プロジェクトが果たしてゲームと言えるのかそれすら少し怪しい意欲的な内容に見えますが、いずれにしろ氏が何らかのコンテンツをアウトプットする準備を進めているという事だけでも朗報と言えるのかもしれません。

情報元及びイメージ:GameInformer

どんどんサービスを拡張するSteamに、出せば出すぶん面白い名作タイトルの数々と、全く衰える気配を見せない近年のValveですが、さらなるサービスの提供や高クオリティなタイトルの開発のために新オフィスに引っ越す事と相成りました。

そんなValveの旧オフィスと引っ越しの様子、そして新オフィスの様子をお馴染みGameinformer誌が取材し映像に残してくれました。映像にはしれーっとPortal 2のCo-opプレイに登場する主人公メカ達のコンセプトアートらしきえらい可愛らしいキャラクターたちや、先日公開された被験者用のスーツを頭まですっぽり被ったChellの姿とは違った女性的なイメージなど、ちょっとした映像も納められています。

そしてやはりValveと言えば執拗に配置されたバール!アメリカのバール協会みたいな所からバールに貢献したとして授与された金バールやKris Kuksiの素晴らしい彫刻!と、書いてたらキリが無い見所だらけの映像に仕上がっていますが、見所はゲイブのオフィス!厨二病すぎるとしか思えない見たことも無いような武器や怪しげな危惧の数々!ゲイブ……ナイフマニアすぎだよ!必見です。

情報元:GameInformer
PAX コスプレ
良い笑顔すぎるヨッシー!素晴らしい!

よく外人さんのコスプレは素晴らしい神クオリティを発揮するとのお話を耳にしますが、やはり全てがそうとは行かないのが世の中という物です。昨日まで開催されていたゲーマーによるゲーマー達のイベントPAX EASTでも多くのコスプレイヤーが集まって素晴らしい物からそうでないものまで、様々披露されています。そんなPAXで見られたコスプレの中から愉快な、しかし”でもやるんだよ!”な精神にあふれる素敵なコスプレ写真をご紹介いたします。

PAX コスプレ
ア……アーロン……アーロンなの……?

(続きを読む…)

HipHop Gamer Shows
良い絵すぎる二人の御姿

本サイトではお馴染みのヒップホップなゲーム情報サイトHip Hop Gamer Show、ほんとに毎回例外なく愉快な情報を知らせてくれるHipHopのおっちゃんが今回はPAXでアカウントハックを喰らったばかりのメジャーネルソンにインタビューを行いました。

今日はすでにチャンピオンベルトも巻き済みで、メジャーネルソンが自分でくるくる中央の、あれ?今更だけどあのベルトの真ん中のくるくる回る奴は何なんだあれ……。置いといて謎の”あれ”をくるくる回しつつHipHopのおっちゃんに負けないラフなテンションでインタビューに応じています。インタビューというか馬鹿な事を二人でくっちゃべってるだけの仲良しにしか見えん。

そんな愉快なインタビューにおいてHipHopのおっちゃんがGod of War IIIについて質問、メジャーネルソンはプラットフォームを越えてGod of War IIIやヘビーレインを愛していると語り、海外でもよく話題となるファンボーイの問題にも言及、メジャーネルソンはこういったプラットフォームを跨る問題に対してXbox Liveをソニーにライセンスしてもかまわないと大胆な発言をしています。

まぁ本当になんというか素敵にバカな、そしてハッピーなこの二人の姿を見ているとまだまだゲームの未来は明るいに違いないと不思議な力を貰ったような気分にさえなる素晴らしいインタビューでした。ついでにもう一本、先日HipHopのおっちゃんがGameTrailersでお馴染みのGeoff Keighley氏にもインタビューを行っており、プラットフォームに関する興味深い話題と共に、絵的に不思議な二人の姿が見られます。

「God of War III」 ゴッドオブウォー III

謎のティザーサイトが登場し、遂に昨日にはサイトに描かれた雨うつ背景に変化が現れ、残る2段階の変化で”何らか”の発表を控えると予想される「God of War III」ですが、昨日PlayStation magazineに掲載される物と思われる画像がリーク、その画像には本作のDLCがマルチプレイをサポートする物である内容が記されています。

真偽の程は全く明らかではありませんが、横からのビューに、画面上部に見える体力バー、その真ん中には秒数まで刻まれている様にも見えます。どうみても格闘ゲームにしかみえないこのイメージ、God of Warシリーズに格闘ゲームなマルチプレイ登場など本当にあり得るのか?いくらなんでも怪しい気が……。いずれにしろティザーサイトの変化と正式な続報に期待!といった所でしょうか。

情報元:N4G
「Kane & Lynch 2: Dog Days」

ヒットマンシリーズやKane & Lynch、Mini Ninjasなどで知られ、現在はKane & Lynch 2: Dog Daysの開発を進めるIO Interactiveが200名の従業員の内18%近くに及ぶ35人のスタッフに対しレイオフを敢行した事を、ドイツの情報サイトComputerworldが報じました。

IO Interactiveは1998年に設立されたスタジオで、2004年にはEidosがIOを買収、2009年にはEidosがスクウェア・エニックス傘下となっています。つい先日はヒットマンのティザー映像とされる怪しい動画が発見されたIO Interactive、コアなファンが多い同スタジオのタイトルに大きく影響を与える物でない事を願っています。

情報元及びイメージ:VG247

先日のPAXでとうとう発表され、価格帯なども明らかになったNvidia初のDX11対応GPUであるGTX480/470ですが、新GPUのローンチに併せて、PhysX対応を果たしたPC版「Mafia II」の素晴らしいトレイラーが公開されました。

映像では戦闘シーンの環境破壊要素や飛び散る破片、物理演算が適用されたオブジェクトの挙動、さらにとても美しい町並の映像など、PC向けにグレードアップされた要素が様々確認できる映像が納められています。

プレイボーイ誌との提携や、シナリオやテイスト、車のプレイモードやゲームのプレイボリューム等、様々な情報も明らかになってきている期待の続編「Mafia II」のリリースは北米で8月24日、その他の地域では8月27日に、対応プラットフォームはPC、PS3、Xbox 360となっています。

情報元:GamesAjare
「Just Cause 2」

北米では今月の23日、ヨーロッパでは26日にリリースを迎えたAvalanche Studiosの「Just Cause 2」が今週のイギリス週間チャートのトップに立った事が明らかになりました。先週トップだったGod of War IIIは7位に後退、またヨーロッパで今月26日にリリースされたポケットモンスター ソウルシルバーが2位に、そしてハートゴールドが初登場で4位にランクインしています。なお、詳細なランキングは以下のようになっています。

1. Just Cause 2 (Avalanche/Square Enix)
2. Pokemon SoulSilver (The Pokemon Company/Nintendo)
3. Battlefield: Bad Company 2 (EA DICE/EA)
4. Pokemon HeartGold (The Pokemon Company/Nintendo)
5. Just Dance 2 (Ubisoft/Ubisoft)
6. Modern Warfare 2 (Infinity Ward/Activision)
7. God of War III (Sony Santa Monica/Sony Computer Entertainment)
8. Final Fantasy XIII (Square Enix/Square Enix)
9. Wii Sports Resort (Nintendo/Nintendo)
10. Wii Fit Plus (Nintendo/Nintendo)

情報元:VG247
「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション
“He Cleans Up Well!”綺麗なスーツを手に入れる実績、綺麗なマーストンに違和感……

汚いおっさん達と美しい野生動物たち、そしてRockstarならではのオープンな世界がとても魅力的な期待の続編「Red Dead Redemption」ですが、Rockstarが新たに実績とトロフィーの内容の一部をスクリーンショットと共に公開、見ているだけでワクワクするようなゲームの内容の片鱗が感じられる興味深い内容となっています。なお、リリース日まで内容が伏せられた13種類のシークレットな実績・トロフィーの存在する事も明らかになっています。

「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション
“Buckin’ Awesome”名馬を我が物にするマーストンさん、これぞ馬ゲー
「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション
“What About Hand Grenades?”蹄鉄で輪投げ……

今回明らかになった実績・トロフィーの内容は以下の様になっています。マルチプレイやシングルプレイのゲームモード等、若干のネタバレを含みますので、閲覧にはくれぐれもご注意下さい。

(続きを読む…)

1 / 1512345...10...最後 »
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその105
「3コマ:なんか汚そうなんで、いらないです」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.