「Call of Duty: Modern Warfare 3」 コールオブデューティ ブラックオプス

昨晩、ロンドンで行われた「Call of Duty: Modern Warfare 3」プレビューイベントのレビューが海外メディアで解禁、大手情報サイトを始め、各所で大量の情報が報じられ、Modern Warfare 3の全容が遂にその姿を現し始めました。

今回開催されたイベントでは25分に渡って、ニューヨークとロンドンを舞台にした2つのミッションのデモンストレーションが上映され、舞台に登壇したInfinity WardのRobert Bowling氏、SledgehammerのGlen Schofield氏から本作の概要や取り組みに関する発言が行われました。本日はそんなイベントの内容を報じた複数の海外プレビューから判明した内容をまとめてお届けします。

ニューヨークはウォール街の証券取引所奪還を描く“Black Tuesday”ミッション

「Call of Duty: Modern Warfare 3」

最初にデモが行われた“Black Tuesday”ミッションはシングルキャンペーンのストーリー開始から2日目の出来事を描いており、プレイヤーはデルタフォース隊員の“Frost”として、ウォールストリートの証券取引所ビル内にある放送施設を取り戻す任務にあたります。

ミッションはマンハッタンの超高層ビルの合間を飛ぶヘリコプターから開始され、部隊長である“Sandman”の指示によりロシアの敵兵に溢れたウォール街のメインストリートを目的地である証券取引所を目指すわけですが、この道中では酷く破壊されたビルや墜落したヘリコプターなど凄惨な様子のニューヨークの街並は、Crysis 2のクオリティには及ばず、またBattlefield 3の視覚的な着弾エフェクトや破壊表現が描かれるわけでは無いながらも、非常に印象的にディテール感溢れる描写で再現されていたと評価されています。

また、各所のレビューではこのストリートでの戦闘時に、プレイヤーがACOGとレッドドットサイトを任意で切り替え可能な銃を装備していたことが報じられており、Modern Warfare 3ではマウントに2つのアタッチメントを装備可能になるのか話題になっていますが、恐らくこれはブースター付のホロサイトが新しいアタッチメントとして導入されているのではないかと考えられます。

ストリートや目的地の証券取引所ビル構内で見られる銃撃戦は従来のCall of Dutyシリーズをほぼそのまま踏襲したもので、一般的なアサルトライフルやAT4対戦車ロケットランチャー、M79グレネードランチャーなどお馴染みの銃器に加え、爆発性の弾丸を備えたスナイパーライフルが登場、さらに新登場のグレネードとして、燐光性のフラッシュをまるで花火の様に連発させる9-bang Grenadeの登場が確認、ビル構内のドア越しにロシア兵と対峙するシーンでSandmanの指示によりプレイヤーがこれを使用し、ロシア兵をスタンさせたことが報告されています。

目的地である証券取引所の屋上では、近隣のビルから敵勢力の攻撃に遭うプレイヤーがお馴染みのブリーフケースシステムを利用した“Reaper Drone”で敵勢力と数機のヘリコプターを排除するシーンも確認。

さらに、ビルの屋上に設置された電波妨害用のジャマー施設をM79グレネードランチャーで破壊したプレイヤーはヘリコプターでビルを脱出、先だって公開されたトレーラーにも収められていた超高層ビルの合間すり抜けながら飛ぶヘリコプター同士の銃撃戦に突入しミッションが終了します。

ロンドンのキャナリーワーフ周辺を舞台に衝撃的な地下鉄シーンを描く“Mind the Gap”

「Call of Duty: Modern Warfare 3」

次にデモが行われた“Mind the Gap”ミッションは大量破壊兵器の科学兵器がロンドン港に搬入されるのを阻止するSASの活躍を描いたミッションで、プレイヤーはSAS所属の“Michael Burns”を演じ、これまでGazとGhostを演じたCraig Fairbrassがボイスアクトを務めるWallcroftという名のチームメイトと共に任務を進めていきます。

このロンドンミッションは雨の降る暗い雰囲気の夜を舞台にした内容で、冒頭に登場する敵の武器倉庫での戦闘では、Wallcroftと共にステルス行動とスニークキルでエリアを制圧する様子が描かれ、その後空中のヘリコプターからの制圧射撃とサーチライトによる支援を得て郊外の敵勢力を排除、このシーンではいくらかの環境破壊描写も見られ、プレイヤーがサイレンサー付のFN P90を使用し、Wallcroftがスナイパーライフルで遠方の敵を排除する様子が見られたとのこと。

さらにこの後ロンドンの地下鉄構内に舞台を移し、トレーラーでも見られたロシアのテロリストにハイジャックされた列車と、ミニガンをマウントした小型トラックとのチェイスシーンが描かれるわけですが、このチェイス中にハイジャックされた列車は一般人が多く集まる地下鉄駅の構内を通過するシーンも描かれ、いくつかのメディアでは“地下鉄構内シーンはCall of Duty: Modern Warfare 3におけるNo Russianだ”との評価も見受けられました。

最終的にハイジャックされた列車は第二次世界大戦時から廃棄されている地下鉄構内の施設に突入し、トレーラーで見られたど迫力の脱線から横転するシーンで終了することになります。この地下鉄構内で描かれる一連のシーンについて多くのレビューがいわゆる典型的なCall of Duty的でシネマティックなシーンだと評価しています。

注目の環境破壊表現はスクリプト制御でダイナミックな表現ではない可能性が高い

事前情報からエンジンの改良と共に環境破壊表現が新たに登場すると注目を集めていましたが、今回のデモンストレーションで見られた環境破壊は演出として用意されたスクリプト制御による表現に留まっており、グレネードや銃弾による動的な破壊は見られず、これまでと同様にテクスチャーの調整による演出に留まっていたとのこと。

また、ニューヨークの街並をヘリコプターで飛ぶ場面で見られるミニガンによる激しい銃撃戦や敵ヘリコプターが撃墜されるシーンなどでも目立った破壊表現は見られず、前作よりも目立って進化したと評価されているテクスチャー表現やディテールの細かさ、そして60FPS動作とのトレードオフがはっきりと感じられたことが報じられています。

但しスタティックな表現としてのあまりにもリアルで印象的な破壊表現は明確にCall of Duty: Modern Warfare 3における主要なテーマだとも評価されています。

イベントに登場したRobert Bowling氏とGlen Schofield氏が語った「Call of Duty: Modern Warfare 3」

イベント会場に登場したRobert Bowling氏が改めてCall of Duty: Modern Warfare 3の11月8日リリースを明言、今作が完全に新しいレベルのスケールを持ち合わせたタイトルだとアピールし、今回のイベントで描かれたマンハッタン、ロンドンに加え、ベルリン、モスクワ、パリ、ハンブルク、モスクワなど世界の主要都市だけでなく、更なるヨーロッパ地域やアフリカの数ヶ所、ヒマラヤ山脈まで地球全域を覆いつくす武力衝突を描くと語り、シネマティックなゲームプレイがシングルプレイヤーキャンペーンの主な要素だと発言、60FPSで動作する強度に映画的な表現の実現に注力していると強調しています。

また、シングルプレイヤーキャンペーンはCall of Duty: Modern Warfare 3という巨大なゲームの1つの側面だと語り、2人Co-opが可能なSpec Opsと、従来通りのマルチプレイヤーモードの搭載をはっきりと明言しています。また、Spec Opsについてはかなりの強化が用意されているとRobert Bowling氏は明言しており、詳細は明かされていないながらキャンペーンを補足するストーリー性を持つモードになるとの事前情報を裏付けているとも感じられます。

今回各所のレビューから見られた総評としては、Call of Duty: Modern Warfare 3がやはり従来のCall of Dutyを順当に進化させた内容で、システム的に大きな変化が見られず、最大のライバルとされる“Battlefield 3”ほどの美しさを実現するわけでもなく、技術的な革新も見られないものの、シネマティックな演出とニューヨークの街並などが象徴的なレベルデザインの妙は常軌を逸したレベルで、近年のAAAタイトルでは使い古された感すら漂う“映画的な表現”に特化した評価が決して揶揄では無く、ポジティブな驚きでもって記されており、デモンストレーションで描かれたプロットが先日大きな騒動となったリークと全く同じ内容だったにも関わらず、実際に目で見た衝撃は全く新鮮なものだったとの評価が多く見られました。

ということで、まさにこれこそCall of Duty!といった正統進化で登場したCall of Duty: Modern Warfare 3は、これまでのシリーズの良さを十分に強化する方向性で、圧倒的な技術革新を武器に登場したBattlefield 3に対し、“ど真ん中直球勝負”で対峙する様子。来るE3を皮切りに改めて登場するであろう続報にますます期待が高まります。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその118
「4コマ:じじい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.