「Gears of War: Judgment」

3月19日の海外ローンチと21日の国内発売が迫るEpicの人気シリーズ最新作「Gears of War: Judgment」ですが、昨日幾つかのハンズオンプレビューが解禁され、キャンペーンモードにHordeモード的な要素が導入されるほか、“Declassified”ミッションと呼ばれる新システムの登場が明らかになりました。

さらに、先日xbox360achievementsに掲載された実績リストから注目を集めている“Survival mode”とHordeモードの関係性についても幾つか興味深い発言が確認されています。

  • Museumレベルを舞台にしたハンズオン中に、壁に大きく描かれた“Omen”サインが登場、ここで通常通りの進行を選ぶか、よりリスクと報償の大きな追加チャレンジ“Declassified”ミッションを請け負うか選択が可能だった。一例として、特定の領域でドーンハンマーが降り注ぐまでのタイムリミット(4分)中に、ローカストを全滅させるミッションが課された。
  • “Declassified”ミッションに成功した場合、より多くの経験ポイント(スター)が得られる。
  • キャンペーンのあるポイントでは、特定のエリアを維持するミッションが課せられ、リモートタレットや防御用施設を利用し、徐々に強化される敵のWaveを凌ぐGears of War 3のHordeモードに似たゲームプレイの導入が確認された。
  • Museumレベル中にこのHorde的なミッションが確認され、最初はGrenadierやTicker、Wretchといった構成から、やがてKantusやMulcher、Boomer、Butcherなど、強力な敵へと変化する様子が見られた。
  • ハンズオンプレビューを報じたOXMは、Gears of War: JudgmentからHordeモードが失われていないとの見解を示し、HordeモードはSurvivalモードとして持続していると主張している。また、実績リストからSurvivalがWave形式のモードであることが判ると挙げ、ハンズオン中にMicrosoftのプロダクトマネジャーがこれを“Horde Survival”と呼んだと報告している。
情報元及びイメージ:MyXboxLive, Digital Spy, OXM

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.