「Star Wars 1313」
ドロイドのコンパニオンを従えたボバ・フェット

ライセンスの提供ビジネスへと移行し、内部開発部門の閉鎖に伴いプロジェクトがキャンセルされてしまったLucasArtsの新作「Star Wars 1313」ですが、昨晩IGNが本来であればE3開催時にお披露目される予定だった15分のデモ映像とコンセプトアートを匿名情報筋から得たとして、日の目を見ることがなかったストーリーの概要を公開し、ボバ・フェットが主人公と噂された未確認情報を裏付ける興味深いディテールが多数明らかになりました。

「Star Wars 1313」
若き日のボバ・フェットは父の象徴的なマスクを装備するが、マンダロリアンアーマーは身につけていない
  • かつて公開されたトレーラーのキャラクターはプレースホルダーで、Star Wars 1313は若き日のボバ・フェットを主人公とする作品だった。
  • Star Wars 1313は、惑星コルサントの地下に広がる犯罪に満ちた世界“Level 1313”を舞台とするが、プロローグでは惑星タトゥイーンでジャバ・ザ・ハットに使えるボバ・フェットの姿が描かれていた。
  • 15分のデモ映像はまだ開発中で不完全なアセットが見られたものの、ボバ・フェットをプレイする様子が収録されていた。
  • Star Wars 1313は、エピソード3とオリジナルトリロジーの間に起こった物語を描く作品で、本編を通じてボバ・フェットのアーマーが変化し、より強く、お馴染みの外観へと近づいていく様子が描かれていた。
  • 主な舞台となる“Level 1313”に加え、闇に覆われたスラム街1314レベルに侵入するミッションが存在していた。1314レベルで戦うボバ・フェットはジェットパックとマンダロリアンアーマーを装備していた。
  • 1313レベルを舞台にしたシーケンスでは、トランドーシャンを追うボバ・フェットが描かれ、彼を殺さずに捕獲し生きたまま犯罪組織のリーダーに引き渡す準備を進める様子が確認された。
  • IGNの匿名情報筋はボバ・フェットにドロイドのコンパニオンが存在したことを明かし、最終的にドロイドがボバ・フェットを裏切る展開が用意されていたと説明した。
「Star Wars 1313」
「Star Wars 1313」
「Star Wars 1313」
「Star Wars 1313」
「Star Wars 1313」
「Star Wars 1313」
「Star Wars 1313」
「Star Wars 1313」
情報元及びイメージ:IGN

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.