「South Park: The Stick of Truth」

昨日、北米で発売を迎え、エピックなローンチトレーラーと共に9点台の好評価が目立つ海外レビューが解禁されたObsidianのサウスパークRPG「South Park: The Stick of Truth」ですが、新たにUbisoftの自主規制によってヨーロッパとオーストラリア版から削除された7シーンの具体的な対応が判明し、トレイ・パーカー氏とマット・ストーン氏が自ら描いたじわじわくるイラストと、それぞれの地域に向けたシーンの解説テキストが素敵な音楽を背景に表示されることが明らかになりました。

「South Park: The Stick of Truth」
オーストラリア版には規制に涙するコアラが登場、突然リアルなタッチでじわじわくる
「South Park: The Stick of Truth」
考える人風のイラストとアイロニーたっぷりなメッセージで規制を知らせるヨーロッパ版

なお、今回削除されたのは、エイリアン達に拉致された市民と主人公が謎の機械で肛門を調査されるシーンと、主人公と女装したランディを対象とする中絶シーンで、ヨーロッパ/オーストラリア版に用意された代替シーンにはアーバンなBGMが挿入され、転んでもただでは起きないサウスパーク精神を発揮しています。(※ イギリスのPC版は規制無し)

さらに、ハーケンクロイツ描写の削除が報じられていたドイツ語版に何らかの手違いがあった様子で、規制されていないデータがプレスされたことが発売直前に判明し、数日の延期が必要な状況となっていることが明らかになりました。(※ ドイツ語版の審査はPEGIではなく、USKが独自に担当)

情報元及びイメージ:Eurogamer, IGN, Kotaku

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.