「Ubisoft」

“Assassin’s Creed”シリーズのナンバリングと共に傾倒が顕著となり、現在では“Black Flag”や“Assassin’s Creed Unity”、“Far Cry”、“Watch Dogs”、“The Division”、“The Crew”など、最早オープンワールドではない作品の方が少ない状況となっている「Ubisoft」のブロックバスタータイトルですが、新たに同社のCEO Yves Guillemot氏が近年増加傾向にあるオープンワールド化に言及し、今後ますますUbisoftのオープンワールドタイトルが増えるだろうと強調しました。

“ゲーマーはより多くの自由を望んでいる”との見解を示したYves Guillemot氏は、現在のゲーマーが長く楽しめるゲームを欲していると語り、オープンワールドジャンルはそれぞれのゲーマーに異なるタイプの体験を提示することを可能にすると説明。現在の市場に存在するゲーマーの多用性にもこの特性がより一層適応していると分析しています。

さらに、Guillemot氏は今日のビデオゲーム産業におけるオープンワールド化の傾向はしばらく続くと述べ、今後ますますオープンワールドタイトルの登場が増えるだろうと説明しました。

ゲーマーが求める自由を提示するための手段として掲げられた“オープンワールド”ですが、先日E3開催時にサプライズ発表された人気シリーズ最新作“Rainbow Six Siege”は珍しくオープンワールド作品ではなく、局所的な環境にフォーカスすることが報じられていましたが、マテリアルベースのプロシージャルな破壊エンジンを搭載することによって、これまでとは異なる次元のサンドボックスなレベル環境を実現し、“オープンワールド”とは異なるアプローチの新しい“自由”を提示していました。

情報元:GameSpot, CVG

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.