「Where the Water Tastes Like Wine」

今年6月中旬に“Fullbright”(旧The Fullbright Company)を退社した“Gone Home”の元プログラマJohnnemann Nordhagen氏が設立したサンフランシスコの新たなインディースタジオ“Dim Bulb Games”ですが、本日スタジオの初タイトルとなる「Where the Water Tastes Like Wine」が正式にアナウンスされ、4枚のコンセプトアートが公開されました。

シルクハットを被った人物とオオカミらしき女性がトランプを楽しむ様子や、不毛な土地を走る列車、巨大な怪鳥といった奇妙な存在を描いた素敵なアートワークが登場した一方で、ゲームプレイに関する具体的なディテールが明らかにされていない“Where the Water Tastes Like Wine”ですが、Johnnemann Nordhagen氏によると、本作はコンセプトアートに描かれた要素が示す通り20世紀初頭のアメリカを舞台とする作品で、古いブルースやフォーク、ブルーグラスソングに歌われる所謂ほら話(※ クロスロードの伝説等が広く知られる)と旅人の物語を描くとのこと。

(※ なお、タイトルに記された“水がワインのように味わえる場所”は、60年代を代表するブルースバンドで伝説的なモントレー・ポップ・フェスティバルやウッドストックに出演した“Canned Heat”の代表曲“Going up the Country”に夢のような逃避先として描かれている)

また、Nordhagen氏は新作の開発に向けて、ゲームメカニクスとコンテンツの両方においてこれまでに存在しなかった新たな領域を探索するゲームを作り上げたいと語り、現在の定義をさらに拡張するメディアやこれを楽しむオーディエンスが既に存在していると述べ、意欲的な取り組みを受け入れる市場が存在していることを示唆しています。

「Where the Water Tastes Like Wine」
今回の素敵なアートワークはコンセプトアーティストKellan Jett氏によるもの
「Where the Water Tastes Like Wine」
「Where the Water Tastes Like Wine」
情報元及びイメージ:IGN

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.