「Grand Theft Auto V」

先日、発売10周年に併せたXbox 360向けのリマスター版“Grand Theft Auto: San Andreas”が再販され、PS4/Xbox One/PC版“Grand Theft Auto V”の既存プレイヤー向け特典情報がアナウンスされるなど、来る新生GTA5のリリースに向けたプロモーションを本格化しているお馴染み「Grand Theft Auto」シリーズですが、本日Take-TwoのQ2業績報告に併せて行われたカンファレンスコールにて同社のCEO Strauss Zelnick氏が“Halo: The Master Chief Collection”的なGTAシリーズのHDコレクションに関する可能性や“Grand Theft Auto V”の販売動向に言及し、興味深い見解を明らかにしました。

今回はこれらの新情報に加え、PS4/Xbox One版“Grand Theft Auto V”のリリースに向けたサーバメンテナンスや公式ストラテジーガイドに関する幾つかのディテールをまとめてご紹介します。

  • 2015会計年度第2四半期の業績報告にて、“Grand Theft Auto V”の累計販売が3,400万本を超えたことがアナウンスされ、2,900万販売が報じられたFY14Q2から500万本近い販売を達成していることが判明したが、同社のCEO Strauss Zelnick氏は、本作が好調な販売を続けているものの、まだ飽和する完全なピークには達していないと説明。来るPS4とXbox One、PC版“Grand Theft Auto V”の潜在的な市場が存在することを強調している。
  • FY14Q2のカンファレンスコール中に、“Halo: The Master Chief Collection”的なGTAのHDコレクションが登場する可能性について質問を受けたStrauss Zelnick氏は、競合他社がこういったリメイクを行い、Take-Two自身も時折プラットフォームの移行期等に古いプロパティを現代向けに作成しなおすような取り組みを行ってきたと説明。件の質問に対し、あらゆる可能性を除外しないと強調している。なお、Strauss Zelnick氏は、こういった取り組みが市場の機会や十分なクオリティを届けられるリリースのポテンシャルに準じ、Take-Two側の要請ではなく、レーベル側(Rockstarと2K)の情熱によって駆動されるものだとアピールしている。
  • Rockstarが“Grand Theft Auto Online”向けに7時間規模のメンテナンスを実施したが、これは11月18日に迫るPS4とXbox One版リリースに向けた準備を含んでいるとのこと。
  • GameStopが11月18日のPS4/Xbox One版“Grand Theft Auto V”のリリースに向けて、BradyGamesの新たな公式ストラテジーガイド“Grand Theft Auto V Revised and Expanded Official Strategy Guide”の販売を開始。PS4とXbox One、PC向けの新コンテンツに対する解説やオリジナルの改訂を含め、新たに約50ページの解説を追加したことが判明している。発売は本編と同じ11月18日、価格は24.99ドル。

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.