「Project BlueStreak」

お馴染みCliffy B率いる新スタジオ“Boss Key Productions”が開発を進めているPC向けの新作アリーナシューター「Project BlueStreak」(仮名)ですが、新たにBoss Keyが本作のアートワークを多数掲載した新規サイトを立ち上げ、以前に公開された“LAW Gun”や飛行用のバックパック、肩に装着できる小型のロケットランチャーといった装備品に加え、兵士の3Dレンダーイメージやマップのコンセプトアートを含む多数の興味深いイメージが登場しています。

キャラクターが飛行用に装備する“Glide Pack”のコンセプト

「Project BlueStreak」
未確定のデザインながら、変形機構が確認できる

肩に装備可能な小型のロケットランチャー“ANVIL”のコンセプト

「Project BlueStreak」
射出時に展開するランチャーの本体部分
「Project BlueStreak」
左は一人称視点時の外観、中国製であることが確認できる、右は射出前の展開プロセス
「Project BlueStreak」
コンパクトな展開前と射出時の“ANVIL”

“LAW Gun”(Light Acceleration Weapon)のコンセプト

「Project BlueStreak」
最終デザインに近い“LAW Gun”のレンダーイメージ
「Project BlueStreak」
開発初期に描かれた“LAW Gun”のコンセプトスケッチ
「Project BlueStreak」
最終デザインに近い“LAW Gun”を別の角度から見たもの

“Boneyard”と呼ばれる環境のコンセプトアート

「Project BlueStreak」
緑の樹木が荒れ地が回復しつつあることを示すコンセプトアート
「Project BlueStreak」
最初期の“Boneyard”コンセプトアート、破壊と世紀末感が強く感じられる

ラシュモア山の麓が舞台となる“Rushmore Station”

「Project BlueStreak」
崩落したラシュモア山の麓に建築された“Rushmore Station”
「Project BlueStreak」
Boss Keyによると、本作の舞台は“ポスト – ポストアポカリプス”とのこと

未来的な都市環境が舞台となる“Alvarado Plaza”のコンセプトアート

「Project BlueStreak」
「Project BlueStreak」
「Project BlueStreak」

軍の拠点が舞台となる“Mammoth Outpost”環境のコンセプトアート

「Project BlueStreak」
「Project BlueStreak」

“TASC Enforcer”と呼ばれるキャラクターのコンセプトアートとレンダーイメージ

「Project BlueStreak」
“Noodling”と呼ばれる段階の初期コンセプト
「Project BlueStreak」
“TASC”兵を描いた2段階目のコンセプトアート
「Project BlueStreak」
完成に“やや”近づいた3Dレンダーイメージ
情報元及びイメージ:GameSpot, Boss Key Productions INC

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその114
「3コマ:解除したのに」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.