「Uncharted 4: A Thief's End」

先ほど、マダガスカルの広大なオープンリニア環境で繰り広げられるキャンペーンミッションのプレイする映像が一斉に解禁された人気シリーズ最新作「Uncharted 4: A Thief’s End」ですが、新たに本作の開発を率いるNeil Druckmann氏がIGNのインタビューに応じ、ネイトの旅が終わりを迎える最新作のエンディングに言及。多くのファンが本作の終わりについて議論を交わすことになるだろうと語り、来る最新作の結末が賛否両論となることを予め見越した内容であることを示唆しました。

“Uncharted 4: A Thief’s End”の結末について、幾つか議論が生じるだろうと語ったNeil Druckmann氏は、人々から得る反応について“無関心”が最も悪いものだと述べ、無関心でいられることよりも、むしろ人々に嫌われたほうが良いと説明し、既にオーディエンスがどういった反応を見せるか見当が付いていると明らかにしています。

なお、ネイトの死を懸念するIGNの質問に応じたNeil Druckmann氏は、「本当に私に喋らせたい?そんなはずはないよね」と笑って語り、ネイトが迎える物語の終わりについて(当然ながら)具体的な言及は控えています。

予てから、これまで4作品に渡って続いたネイトの物語を終える最後のタイトルであることが重ねて明言されている“Uncharted 4: A Thief’s End”ですが、今回のプレビューイベント会場でGameSpotのインタビューに応じたNeil Druckmann氏は、再び今回が最後の作品であることを断言。別の誰かが手掛けるネイトの驚くようなプリクエルが登場したとしても、「おお、そりゃすごい」と静観するのみで、もはやNaughty Dogが語り伝えるネイトの物語は残されていないとして、“Uncharted 4”がこの先に進む余地を残さない明確な結末を与える作品だと改めて強調しています。

作品の出自と開発体制の大きな再編を含め、様々な紆余曲折があった“Uncharted 4: A Thief’s End”ですが、スタジオを象徴するシリーズが一体どんな結末を迎えるのか、いよいよ1ヶ月後に迫る5月10日の世界的なローンチに大きな注目が集まるところです。

参考:先ほど公開されたマダガスカルレベルの公式プレイスルー
情報元:IGN, GameSpot

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.