「Project Scorpio」

E3 2017向けのお披露目がいよいよ目前に迫る新型Xbox「Project Scorpio」ですが、新たにMicrosoftが“Project Scorpio”の開発機に焦点を当てる新たなプロモーション映像を公開。XboxのエンジニアKevin Gammill氏が開発機のコンセプトやアドバンテージ、スペックのディテールについて語る興味深い内容となっています。

開発機の背面デザインやスタックを想定したエアフローの刷新、フロントパネルの多彩な活用法、高速なデータ転送装置に関する言及など、幾つかの新情報が確認できる最新映像は以下からご確認下さい。

「Xbox Scorpio」
再掲:Project ScorpioとDevkit、Xbox One S、Xbox Oneのスペック比較
ScorpioとDevkitの主なスペックの差はGPUのCU数とメモリ、ストレージ、電源の4箇所

■ 再掲:4月中旬に報じられた“Project Scorpio”の開発機に関するディテール

  • 開発機を含む“Project Scorpio”のハードウェアには使用頻度の高いDX12ランタイムコンポーネントの一部が直接組み込まれており、数百単位のドロー/APIコールを10~15程度まで減らすことができる。
  • Xbox Oneに搭載したESRAMの廃止はデベロッパのリクエストに応じたもの。
  • FreeSyncの採用と対応モニタについては、現在Microsoftが多くのTVメーカーと協力しできるだけ多くのTVがこの機能に対応するよう取り組みを進めているとのこと。
  • “Project Scorpio”の開発機は今後数週のうちに、一部のファーストパーティスタジオとサードパーティプログラムのパートナー開発者、ID@Xbox開発者向けに出荷が開始される予定。
  • “Project Scorpio”開発機の前面にはOLEDスクリーンが用意されており、ビルドのパフォーマンスデータやクロックといった情報がリアルタイムで表示される。
  • 同じく前面には5つのプログラマブルボタンが用意されている。
  • このほか、HDMI INジャックを含むScorpioと同じポートに加え、3つのUSBポート、デバッグ情報の送信等に用いる追加のNICが設けられているほか、開発スペースを考慮した積み重ね可能なデザインを特色としている。
  • さらに、開発機には4分で100GBのデータを転送できる高速なケーブル(450MB/秒)が含まれる。これは、開発ビルドのテストを容易にするもので、6~7倍近い速さでビルドの転送が可能となる。このケーブルはScorpioの開発機だけでなく、Xbox OneとXbox One S上でも動作するとのこと。Xboxプラットフォームの開発を率いるグループプログラムマネジャーKevin Gammill氏は、Microsoftが開発者の反復作業を縮小させることに多くの労力を費やしていると強調している。
情報元:GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその116
「2コマ:さすがにこの流れはもう受け入れる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.