「Devolver Digital」

今年もE3の開催に併せてロサンゼルス・コンベンションセンター南ホール側の駐車場で開催予定だった「Devolver Digital」の“Indie Picnic”イベントですが、新たにDevolver Digitalが公式サイトを更新し、残念ながら今年の“Indie Picnic”が中止となったことが明らかになりました。

今回の中止は、“Indie Picnic”の実施に必要な使用許可が得られなかったことによるもので、E3会場でプレスとビデオゲーム産業関係者向けに実施予定だったクローズド出展に加え、特別ゲストが出演するショーケースイベントのライブ配信、今年初の試みとなるプレスカンファレンスは変更なく実施されるとのこと。

なお、今年の“Indie Picnic”には、以下のタイトルが出展される予定となっていました。

  • Nidhogg 2 (Messhof)
  • Semblance (Nyamakop)
  • Songbringer (Wizard Fu/Double Eleven)
  • Sumer (Studio Wumpus)
  • Sundered (Thunder Lotus Games)
  • 2064: Read Only Memories (MidBoss)
  • A Duel Hand Disaster: Trackher (Ask an Enemy Studios)
  • Aztez (Team Colorblind)
  • Blasters of the Universe (Secret Location)
  • Coma Remembered (Serenity Forge)
  • Kingsway (Adult Swim Games)
  • Masquerada: Songs and Shadows (Witching Hour Studios)
  • Mulaka (Lienzo)
  • Mystic Melee (Serenity Forge)
  • Overland (Finji)
  • Redout (34BigThings)
  • Roto Color Rhythm (Blue Volcano Studios)
  • The King’s Bird (Serenity Forge)
  • YIIK: A Postmodern RPG (Ackk Studios)
情報元及びイメージ:Game Informer, Devolver Digital

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその116
「2コマ:さすがにこの流れはもう受け入れる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.