「God of War: Ascension」

昨日、迫力のゲームプレイをたっぷりと収録した冒頭30分の映像が公開された「God of War: Ascension」ですが、新たに“復讐の女神”の1人Megaeraや、ヘカトンケイルの一部を描いた美しいアートワークが登場しました。

また、本作のディレクターTodd Pappy氏がGod of War: Ascensionのゲーム性について幾つか興味深い言及を見せています。

VG247のインタビューに登場したTodd Pappy氏は、“God of War: Ascension”においてクレイトスの人間的な背景を描くにあたって、昨今の大作でしばしば見られるモラルチョイスを用意しなかったと述べ、シングルプレイヤーキャンペーンのストーリーがリニアな構成だと明言しました。

Todd Pappy氏は、本作の本質的なゲーム性が“敵を倒し、それを無力化すること”だと語り、ブレードこそがクレイトスの対話と意志決定を象徴していることを改めて示唆しています。

先日公開された冒頭の映像において、はっきりとドラマ性や映画的演出の強化を提示した“God of War: Ascension”ですが、クレイトスの悲壮な姿に見え隠れするこれまでとどこか異なる小さな光をより豊かに描くには順当な決定だと言えるのではないでしょうか。

「God of War: Ascension」
「God of War: Ascension」
「God of War: Ascension」
「God of War: Ascension」
イメージ:All Games Beta, VG247

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.