「Naughty Dog」

人気ドラマ“Lost”のチャーリー役を始め、映画“ロード・オブ・ザ・リング”のメリー役、そして“The Bureau: XCOM Declassified”のプロモーション時にはエージェントEnnis Cole役で実写トレーラーシリーズに出演したお馴染み俳優ドミニク・モナハンですが、お気に入りの作品にKentucky Route ZeroやVirus Inc.、Medal of Honorといった作品を挙げる大のゲーマーでもあるドミニク・モナハンが予てからファンであることを公言していた「Naughty Dog」を訪問し、一枚の写真を公開したことから、Uncharted新作の噂が再浮上する状況となっています。

これは、ドミニク・モナハンの報告をUnchartedシリーズの脚本を手掛けるお馴染みAmy Hennig女史がRTし、両者がスタジオで会合したことを明らかにしたもので、発言は何れもシンプルながら、ここにGeoff Keighley氏も絡む実に意味深な状況となっています。

今のところ、ドミニク・モナハンが何故Naughty Dogを訪問したのか、詳細は一切不明ですが、Naughty Dogの近作である“Uncharted 3: Drake’s Deception”と“The Last of Us”の2作品は何れもGeoff Keighley氏が深く関わる年末の大規模イベントVGAでお披露目されており、新作の発表が期待されるこの時期に3者の発言が重なるというのは実に興味深い現象だと言えそうです。

なお、ドミニク・モナハンとUnchartedが絡む噂は今回が初めてではなく、今年8月“The Bureau: XCOM Declassified”の実写トレーラーについてHenry Hobson監督とドミニク・モナハンがメディア向けのWebcastを行った際に、Uncharted新作に関する言及が行われたと海外メディアが大きく報じたものの、実際のところはゲーマーとして今後楽しみにしている作品の1つとしてUnchartedを挙げただけに過ぎない発言だったことが判明していました。

Naughty Dogで撮影した写真を公開したドミニク・モナハン
Amy Hennig女史がスタジオ訪問を歓迎するRTを行い、Geoff Keighley氏がこれに絡んでいる

さらに余談ながら、先日トロントで開催されたIGDAイベントにて、Naughty DogのクリエイティブディレクターNeil Druckmann氏がThe Last of Usのポストモーテムを行い、開発チームがThe Last of Us以前に“Jak & Daxter”のリブートを進めていたことが明かされ、数枚のコンセプトアートと共に興味深いリブートの概要が紹介されています。

「Naughty Dog」
かなり動物感が増したDaxter
Jak & Daxterのリブートに関する言及は4分30秒あたりから

未だThe Last of Us以降の新作について何の音沙汰もないNaughty Dogですが、今年のVGAで何らかの具体的な動きが見られるか、そろそろVGAの仕込みが動き始める時期でもあり、ドミニク・モナハンとスタジオの動向に改めて注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:GearNuke, Polygon, All Games Beta, Mashable, GameSpot

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.