UPDATE:1月9日21:50

Bethesda公式サイト(英語US)の「The Elder Scrolls V: Skyrim」商品情報にPS4とXbox Oneの表記が確認され話題となりましたが、先ほどBethesdaのPete Hines氏がこの件に関する確認に応じ、表示が何れもCMSの更新に伴うバグだったことが明らかになりました。(※ 既に修正済み)

また、“1月12日に特別なアナウンスを行う”とのメールをBethesdaから受け取ったというユーザーの主張とイメージがフェイクだったこともPete Hines氏の確認により判明しています。

PS4とXbox Oneの表記がCMSのバグだったと報告するPete Hines氏
1月12日の発表予告はファンによるフェイクだった

以下、更新前の本文となります。

「The Elder Scrolls V: Skyrim」

Bethesda Game Studiosが開発を手掛ける次期シングルプレイヤーRPGの動向に注目が集まる昨今ですが、本日Bethesdaの英語US公式ページに記載された「The Elder Scrolls V: Skyrim」の対応プラットフォームにPS4とXbox Oneが追加されていることが発見され、サイト更新に絡む何らかのミスか、それとも何らかの新しい動きが進行しているのか、確認が待たれる状況となっています。

これは、英語USページのタイトル一覧ページと、通常版“The Elder Scrolls V: Skyrim”の商品ページに発見されたもので、通常版商品ページにはGameStopのリンクが用意されていないプレーンな状態で“PS4 and XBOX ONE”の文言が確認できます。

なお、英語インターナショナルとフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、ロシア、日本の公式ページには何れも次世代コンソールの表記は追加されておらず、英語版の“The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition”の対応プラットフォームにもPS4とXBOX ONEの表記が見られないあたり、何らかの更新ミスである可能性は十分高いと言えそうです。

余談ながら、海外のFalloutコミュニティでは、Bethesdaから“1月12日に特別な発表を行う”との予告が記されたメールを受け取ったと主張するユーザーと、メールのスクリーンショットが登場する事態となっており、前述した状況と併せて真偽の確認が待たれる状況となっています。

こちら、何らか具体的な動きや確認が行われ次第改めてご紹介しますので続報をお待ち下さい。

「The Elder Scrolls V: Skyrim」
英語US公式のタイトル一覧ページ
「The Elder Scrolls V: Skyrim」
英語US公式の通常版商品ページ
情報元:Kotaku

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.