「Borderlands 3」

先日、Crawmeraxジュニアが父の復讐に乗り出す最終DLC“Sir Hammerlock vs. the Son of Crawmerax”のアナウンスが行われた“Borderlands 2”ですが、新たにGearboxのボスRandy Pitchford氏がPolygonのインタビューに応じ、「Borderlands 3」の開発が現段階で進められていないことを明言。さらに“Borderlands”の今後や未発表の新IPに関する取り組みに加え、旧Brothers In Arms: Furious 4やHomeworldシリーズの現状についても興味深い情報を明らかにしました。

今回はインタビューの内容が多岐に渡る膨大な内容であることから“Borderlands”シリーズと未発表新IPに関する情報をまとめてご紹介します。

  • Randy Pitchford氏は「GearboxはBorderlands 3に取り組んでいない。本当なんだ。我々にはBorderlandsフランチャイズについてやるべきことが多くあるが、Borderlands 3ではない」と発言。Borderlands 3があるべき姿を考えた場合、それはよりマッシブであるべきだと述べ、Borderlands 2よりも大きく、優れた作品である必要があると説明。その上、登場するタイミングによってはクレイジーなマルチプラットフォーム作品になるだろうと、現世代機と次世代機の両対応を示唆し、Borderlands 3の開発により多くのリソースやフォーカス、周到な計画が必要であることを強調している。
  • さらにPitchford氏は、Borderlandsに関する何らかの発表がまもなく行われると発言。フランチャイズを愛するファンは大いに興奮するだろうと説明している。(※ インタビューが先週行われたものであることから、タイミング的に“Sir Hammerlock vs. the Son of Crawmerax”DLCのアナウンスを指している可能性が高い)
  • PS Vita版の存在に加え、Telltale版Borderlands新作に言及した氏は、Telltaleが彼ら自身のBorderlandsゲームと物語を手掛けていると述べ、GearboxとTelltaleがストーリーのアウトラインを形勢するストーリーミーティングを実施し、Gearbox側から幾つかの提案を行ったと説明している。なお、Pitchford氏によると「率直に言って、TelltaleはGearboxよりも優れたストーリーテラーだと思う」とのこと。
  • “Borderlands 3”の開発が進行していない状況には、Gearboxの開発者達が手一杯な状況にあることも関係しており、新IPとして開発が進められること報じられている旧“Brothers In Arms: Furious 4”とTHQから入手したHomeworldのリマスター新作2本に加え、これらとは別に未発表の次世代機向け新規IPが2つ進行であることを明らかにしている。なお、次世代機向けの新規IP2種については、昨年9月のPAX Primeパネル中にその存在が明言されており、その1つが新Furious 4ではないかと見られていたが、今回のインタビューで次世代機向けの新IP2種と新Furious 4が別の作品であることが判明している。
情報元:Polygon, PC Gamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.