「Assassin’s Creed」
Black Flagのアートブックに収録されたAbstergo Entertainmentのアートワーク
受付の後ろに設置された巨大なパネルのイメージに注目

予てから中国やロシア、エジプトといった候補に加え、日本に対する言及や見解が何度か行わている「Assassin’s Creed」シリーズの新たな舞台ですが、新たに最新作“Assassin’s Creed Unity”のアートブックを購入したCornik22さんがAbstergo Entertainmentのロビーを描いたアートワークに奇妙な点を発見し、ともすれば“Assassin’s Creed Victory”の次に登場する舞台が“日本”になるのではないかと注目を集めています。

これは、Piggybackが販売する“Assassin’s Creed Unity: The Complete Official Guide”に収録されたAbstergo Entertainmentのアートワークが、2013年に発売された“The Art of Assassin’s Creed IV: Black Flag”に見開きで収録されていたことを発見したCornik22さんが、アートワーク内の巨大なフラットパネルにレイアウトされたロケーションが“Assassin’s Creed”シリーズタイトルの主要な舞台であることに気が付いたもの。

このイメージには、2013年の発売時には未発表だったパリ(Unity)とロンドン(Victory)に加え、“Black Flag”のカリブ海と2作目に登場したサンタマリア大聖堂、初代のロケーションらしきイメージが確認でき、唯一その意図が不明のままとなっているロケーションに日本の寺社仏閣らしき建築物が確認できます。

「Assassin’s Creed」
参考:こちらはUnityのアートブックに収録された同様のアートワーク
このロビーはUbisoftのアーティストMartin Deschambault氏が描いたもの
「Assassin’s Creed」
非常に小さなイメージだが、初代“Assassin’s Creed”の教会と思われる
「Assassin’s Creed」
AC2に登場したお馴染みサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
「Assassin’s Creed」
やしの木が見て取れる“Black Flag”のカリブ海
「Assassin’s Creed」
“Assassin’s Creed Unity”を象徴する建築物“ノートルダム大聖堂”
「Assassin’s Creed」
今年発売される最新作“AC Victory”の舞台となるロンドン
ビッグベンの足下にかかるウエストミンスター橋とウェストミンスター宮殿が確認できる
「Assassin’s Creed」
唯一残る問題の画像、日本の寺社仏閣もしくは中国のそれに見える
正確な場所は不明(浅草寺は比較サンプル)ながら、建築様式は日本のそれに近い

2013年の時点でパリとロンドンをはっきりと描いている今回のアートワークですが、日本らしきイメージを除く全てのロケーションが見事に全て作品の主要な舞台として採用されているあたり、決して推測の域を出る内容ではないものの、シリーズのファンにとっては今後の展開が気になる意義深い1枚だと言えるのではないでしょうか。

情報元及びイメージ:Ubisoft Forums

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.