「Battlefield Hardline」

3月19日の製品版ローンチがいよいよ目前に迫るVisceral Gamesの期待作「Battlefield Hardline」ですが、先ほど公式Twitterが僅か13秒のティザー映像を公開し、明日新たなフルトレーラーの公開を予定していることが明らかになりました。

また、各種ゲームモードの概要とストラテジー紹介(日本語記事:レスキュークロス・ヘアブラッド・マネー)が続いている公式サイトにて、破壊表現に関するディテールがアナウンスされたほか、コンソール版の解像度に関する情報も浮上しています。

新たに公開されたローンチゲームプレイトレーラーのティザー映像
明日お披露目される最新トレーラーのティザー映像と公開予告
コンソール版の解像度はPS4が900p、Xbox Oneが720pとなる

■ 破壊表現について

  • 破壊表現は“Battlefield”の主要な柱の1つであり、“Battlefield Hardline”もその例に漏れず、多くのマイクロ破壊を特色としており、グレネードランチャーを利用し出入り口サイズの穴を壁に開け移動経路を自ら切り開くことや、近接攻撃と銃撃でグレネード類を投擲できる程度の小さな穴を開けるといった行動が可能となっている。
  • また大規模な破壊をもたらす“Levolution”要素も導入され、9種のマップがレベル全体に影響する固有の“Levolution”イベントを特色としている。
  • 新しい経路を生み、プレイヤーの戦略を大きく変更させる“Levolution”イベントの例は以下。
    • Downtown:タワークレーンが崩壊し、キャプチャーポイント間に新たな移動経路を開く。
    • Bank Job:金庫室の屋根が崩壊し新たな移動経路を開く。
    • Dust Bowl:砂嵐が発生し、交戦距離を縮め、周囲の音を遮る。
    • Growhouse:車両が爆発し、地下に存在するマリファナ栽培施設への新たな移動経路が開かれる。
    • Derailed:列車が爆発し橋が川へと崩落することで、キャプチャーポイントの位置が変化し、ビークルで運転・ジャンプ可能な通路が出来上がる。
  • このほか、“Battlefield Hardline”は小/中規模なインタラクティブ要素を特色とし、射撃することで下方に落下するシャンデリアや開閉可能なドア、煙幕として機能する消火器、足音を遮るラジオといった要素が多数存在する。
情報元:GamesRadar, GameSpot

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.