「Destiny」

大規模な武器のバランス調整やYear1エキゾチックの強化を導入する12月アップデートに注目が集まる「Destiny」ですが、本日11月25日分のWeekly Updateが更新され、来る12月に“邪神、滅びる”レイドの難易度を上方調整する“チャレンジモード”を導入することが明らかになりました。

また、12月に再び行われるアイアンバナーの推奨光値に関する興味深いディテールや、Bungie公式ストアのブラックフライデーセールに関する情報も登場しています。

■ “邪神、滅びる”のチャレンジモードについて

  • 12月の初めに“邪神、滅びる”レイドの難易度をさらに上昇させる新要素として“チャレンジモード”が導入される。
  • “チャレンジモード”は、毎週“邪神、滅びる”に登場するボスの1体(※ ウォープリーストとゴルゴロス、オリックスの娘達、オリックスの何れか)に特定のチャレンジを用意する新要素で、ノーマルとハードの両方に適用可能。また、選択した難易度に応じた報酬が与えられる。
  • チャレンジの対象となるボスはレイドの選択時にナイトフォールのスカルに似たマークで強調される。
  • この対ボスチャレンジは、特定の方法で彼らを撃破することにより達成可能。具体的な撃破方法については、プレイヤーの手で発見して欲しいとのこと。余談ながら、Bungieは対ゴルゴロス戦で玉を1つだけ保持し戦う戦術を利用するプレイヤーが苦戦することを示唆している。

■ 12月のアイアンバナー開催について

  • 今回のWeekly Updateは、マップバランスを軸に非対称地図の調整にまつわる難しさや、オシリスの試練における勝率に触れているが、新たな統計情報として“アイアンバナー”における光値とK/D比の平均をグラフ化したイメージが提示されている。
  • 光値とK/D比のグラフは、直線的な比例を見せており、K/D比が1となる光の閾値は“303”となっている。
  • これに伴い、Bungieは次回のアイアンバナーにおいて、最良のパフォーマンスが期待できる光値が303以上だとして、次回の開催までに残された1ヶ月間で準備を進めるよう推奨している。
「Destiny」
参考:光値とK/D比の平均をまとめたグラフ、綺麗に比例していることが分かる

また、感謝祭の到来に併せてBungie公式ストアのブラックフライデーセール開催がアナウンスされ、現地時間の11月27日[金]から11月30日[月]まで、全ての商品が25%オフで購入可能となります。公式ストアは日本国内への発送にも対応していますので、お好きな方は今のうちにグッズのラインアップを確認しておいてはいかがでしょうか。

情報元及びイメージ:Polygon, Bungie.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.