「Rocket League」
343が新たに公開したRocket League版ワートホグのスクリーンショット

先日、PS4とPC向けにシーズン2とRocket Labsを導入するパッチ1.11が配信され、2月17日のXbox One版ローンチがいよいよ目前に迫るPsyonixの大ヒット作「Rocket League」ですが、新たにPsyonixのVP Jeremy Dunham氏がMajor Nelsonのポッドキャスト最新エピソードに出演し、来るXbox One版に対する取り組みに加え、現在のキャップである4vs4を超える大人数マッチの導入を示唆し注目を集めています。

既に4vs4を超える大人数マッチを試験的に実装したことを明かしたJeremy Dunham氏によると、現行のマップでは大人数マッチがややクレイジーすぎて、ゲームの楽しみを僅かに減じさせてしまう状況にあり、今後さらに大規模なスタジアムを導入することが出来れば、再び4vs4を超えるマッチの導入を改めて検討したいとのこと。

現在のRocket Leagueはカオスとプライベートマッチにおいて4vs4がプレイ可能ですが、Jeremy Dunham氏は現在のRocket Leagueにおけるスイートスポットは3vs3にあるとの見解を明らかにしています。

また、発売が迫るXbox One版“Rocket League”に言及した氏は、Xbox One版が幾つか専用実績を特色とすることを挙げており、その中の1つにGears of WarのArmadilloを使用することで解除される実績が存在することを明らかにしています。

「Rocket League」
ニードラーのクリスタルを噴き出しながら暴走する“HogSticker”

余談ながら、Rocket League版ワートホグはかつてAMG Transport Dynamics社がプロジェクト“HogSticker”として開発を進めていたもので、当初は惑星リーチの大都市ケソンで開催される24時間耐久レースにおける勝利を目指し、馴染み深い“M12 GT”モデルを大幅に改造したプロトタイプのラリーホグだったとのこと。なお、343は“HogSticker”が狂気じみた加速を得るために、ニードラーが射出するクリスタル“Blamite”を利用したアフターバーナーを組み込んだことを挙げ、AMG社内のエンジニアやクルーが“HogSticker”をニードラーホグと呼んでいたことを明らかにしています。

情報元及びイメージ:Halo Waypoint, GameSpot, GameSpot, GamingBolt

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.