「Injustice: Gods Among Us」「インジャスティス:神々の激突」

今年3月にエイリアンやレザーフェイスを含む“Mortal Kombat X: Kombat Pack 2”のローンチを果たしたお馴染みNetherRealm Studiosですが、MKX以降の計画に注目が集まるなか、仏Gameblogが匿名ソースから得た未確認情報として、MKXのエンジンを用いた続編「Injustice: Gods Among Us 2」がE3の開催に併せてアナウンスされると報じ注目を集めています。

今のところ、真偽の程は不明ながら、シリーズを率いるお馴染みEd Boon氏は予てから続編に対する意欲や登場させたいヒーロー/ヴィラン等について言及しており、俳優ウェントワース・ミラーを起用しすっかり人気キャラクターとなったキャプテン・コールドを出したいと語るなど、来る続報に注目が集まる状況となっていました。

今のところ、続編の話題は確度も低い出自不明の未確認情報に過ぎませんが、DCとInjusticeを巡る周辺の状況は現在最も熱い時期にあると言えます。オリジナルのローンチ前からリリースが続いているコミック版“Injustice: Gods Among Us”は、現在“Year Five”に突入し、先日起こった大変な事件を経て、アースプライム側のバットマン達とInjustice世界のスーパーマンを巡る運命的な戦いが遂に終わりを迎えようとしているほか、DCコミックスのNew 52シリーズには、連日報じられる数々のサプライズと(カル・エルに代わる多数の新スーパーマンと)共に、フラッシュポイント以前のマルチバースを融合させるソフトリランチとも言える“DC Rebirth”に向けた準備が着々と進められており、バットマンビヨンドやレッドフード、ビザロ、アルテミスといったヒーローやヴィランの新デザインや設定が各所で注目を集める状況となっています。

一方で、ドラマ版のフラッシュとアロー、スーパーガール、“Legends of Tomorrow”をはじめ、ジャスティスリーグに向けた映画版の展開も世界中で大きな盛り上がりを見せており、本当に“Injustice”の続編が登場するとなれば、登場ヒーローやヴィランのラインアップは、初代以上にDCファンの注目を集める一大事だと言え、MKXの“Kombat Pack 2”ローンチを経て潜伏が続くNetherRealmの動向に改めて大きな注目が集まるところです。

「Injustice: Gods Among Us」「インジャスティス:神々の激突」
ウェイン邸に現れた“Zsasz”を描いたYear Five最新回のカバーアート
情報元及びイメージ:PlayStation LifeStyle, comiXology

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.