「スウェーデン」

本日、北欧のビデオゲーム業界団体ANGI(Association for the Nordic Games Industry)とASGD(Association of Swedish Game Developers)がスウェーデンにおけるビデオゲーム産業に関する市場規模や動向をまとめた最新の報告書“Swedish Game Developer Index”の2017年版をリリースし、2010年から2016年に掛けて、産業の収益が1,000%近い成長を遂げていることが明らかになりました。

報告書は、スウェーデンのビデオゲーム産業が国内の企業と国外のプレイヤーを繋ぐ業界のグローバルなホットスポットだとして、スタジオ数や女性開発者の増加、VR分野に対する傾向など、同市場に関する興味深いディテールを報告しています。

■ 2017年版“Swedish Game Developer Index”のハイライト

  • スウェーデンにおけるビデオゲーム産業の収益は、2010年の1億2,400万ユーロから、2016年の13億2,000万ユーロ(およそ15億4,000万ドル)まで、6年で1,000%近い成長を記録。
  • 一方、利益は2012年の3,600万ユーロに対して、2016年には8億6,500万ユーロまで成長。
  • 2006年から2016年における収益の年平均成長率(CAGR)は34%に達している。
  • 2016年における収益の25%は250人未満の中小スタジオが占めている。
  • 2012年に145だったスウェーデン国内のスタジオ数は、2016年に287まで増加。前年比で22%増を記録。
  • 被雇用者の規模は2012年の1,967人から、2016年には4,267人に増加。さらに、女性の被雇用者数は2012年の293人から、2016年には786人にまで増加している。なお、最新の増加率(12ヶ月間)は、スウェーデン国内の全産業における平均成長率14.8%に対して、171.7%増を記録している。
  • スウェーデンのゲームスタジオのうち、約10%がVR関連の開発を進めている。
  • 世界中のゲーマーのうち、10人に1人がスウェーデン産のビデオゲームをプレイしたと推測される。
  • スウェーデンで開発されたゲームには、Battlefield 1やMinecraft、Candy Crush Saga、Goat Simulator、Tom Clancy’s The Division、Mad Max、Star Wars Battlefront、Europa Universalis IV、Bait!、Payday 2といった作品がふくまれる。
「スウェーデン」
スウェーデンのビデオゲーム産業における女性の被雇用者数の変化
情報元及びイメージ:VentureBeat, Swedish Games Industry

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその118
「4コマ:じじい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.