「Syberia III」
初代の開発を手掛けたElliot Grassiano氏とライターBenoit Sokal氏

これまで、2002年の初代“Syberia”と2004年に発売された続編の2作品がリリースされた名作スチームパンクアドベンチャーシリーズ“Syberia”ですが、本日フランスのAnuman Interactiveがシリーズのライター兼アートディレクターを務め、コミックアーティストとしても活躍するBenoit Sokal氏との契約を発表、シリーズ3作目となる最新作「Syberia III」が2014年から2015年に掛けて発売されることが明らかになりました。

今回発表を行ったAnuman Interactiveは、2010年春に初代“Syberia”の開発を手掛けたMicroidsを買収した際にシリーズのIP取得とSyberia IIIのアナウンスを行っていたものの、2年の間全く続報が報じられない状況が続いていましたが、今回のBenoit Sokal氏参加により、いよいよ本格的な開発段階に入るとのこと。

また、Syberia IIIの開発にはMicroidsの創設者で前2作の開発をBenoit Sokal氏と共に率いたElliot Grassiano氏も参加しており、Anuman InteractiveのMicroidsレーベルからリリースされることが判明しています。

美しいスチームパンク世界と表情豊かなキャラクター達、大人向けのストーリーテリングが魅力的なSyberiaシリーズですが、女性弁護士ケイト・ウォーカーの新しい冒険が10年の時を経てどのような登場を果たすのか、今後の進捗と続報が早くも楽しみなところです。

情報元及びイメージ:Polygon, All Games Beta

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.