「Thief」

かつて2009年5月にその存在が明かされ、同年11月にはプリプロ入りが報じられたものの、その後ほとんど具体的な続報が登場しないまま4年近い期間を経て遂にお披露目を迎えたEidos Montrealの新生「Thief」ですが、本日Game Informerが特集の一貫として長い潜伏期間が続いた本作の開発経緯にスポットを当てたインタビュー映像を公開しました。

名作として知られるThiefシリーズの再生にあたり、そのDNAの解析や膨大なハンズオンを伴う前シリーズの研究など、地道な作業を延々と繰り返し、長い潜伏期間に相応しい体験を提示すると強調する興味深い映像は以下からご確認下さい。

新旧Thiefを比較する各種アセットや、スタジオ内部の様子がたっぷりと収録されたインタビュー映像
スタジオには古いDeus Ex 3やThief 4の立て看板も確認できる。
「Thief」
プリプロが開始された2009年当時の開発チーム
「Thief」
2011年時点のThief開発チーム
情報元及びイメージ:Game Informer, Eidos Montreal Community

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.