「Metro: Last Light」

今年1月に行われたTHQのIPオークションを経て、Koch Media GmbH傘下のDeep Silverが新たなパブリッシャーとなった4A Gamesの人気シューター続編「Metro: Last Light」ですが、先日行われたハンズオンイベントの情報が昨晩解禁され、敵勢力エリアへの緊張感溢れる潜入や激しい戦闘、未見の居住エリア、屋外の散策など多数の未公開シーンを収録したゲームプレイ映像や新スクリーンショットが登場しました。

また、イベントに併せて行われたインタビューにより、THQ時代の開発とIPを取り巻く状況を含むビジネス的な事情も明らかになっています。

ステルスを重視した潜入に加え、後半には銃撃戦もたっぷりと収録したIGNのプレイ映像
屋外エリアの探索と戦闘を収録したGameSpotのレビュー映像
お馴染みAdam Sessler氏がインプレッションを語るRevision3レビュー
  • Metro: Last Lightのリリースは北米が5月14日、ヨーロッパが5月17日、対応プラットフォームはPS3/Xbox 360/PC。
  • まもなく始まるPAX Eastに、広範囲なプレイが可能なデモビルドが出展される。
  • Deep SilverのJeremy Greiner氏は、前作Metro 2033がヨーロッパで高く評価され、北米市場ではTHQが間違いを犯したと説明した。
  • Greiner氏は、4Aが東欧のデベロッパであることから、THQがMetroのなんたるかを理解していなかったと述べ、必要なサポートが得られない状況だったと説明している。
  • 前作に比べ、敵のAIがバリエーション豊かな反応を見せ、探索能力も改善されるなど、大きく強化されている。
  • 余談:THQのVPとしてコアタイトルを率いたDanny Bilson氏は、E3 2012を皮切りに大規模で最上のマーケティングキャンペーンを開始すると豪語し、Call of Dutyシリーズと競合するとアピールしていたが、実際のところこれといったプロモーションは行われなかった。
「Metro: Last Light」
「Metro: Last Light」
「Metro: Last Light」
「Metro: Last Light」
情報元及びイメージ:Polygon, IGN

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.