「Battlefield 4」

先ほど日本語字幕入りの“Fishing in Baku”映像が公開された「Battlefield 4」ですが、新たにOXMがDICEのゼネラルマネジャーKarl Magnus Troedsson氏のインタビューを公開し、前作“Battlefield 3”との関係や、登場が噂される中国への言及など、シングルプレイヤーに関する興味深い新情報が明らかになりました。

今回は、氏のインタビューから判明したBattlefield 4の新たなディテールをまとめてご紹介します。

  • 先日17分に及ぶゲームプレイとして公開されたアゼルバイジャンを舞台にした“Fishing in Baku”は、ゲームにおけるプロローグの一部で、ゲーム全体を通じて描かれる内容から遠く離れた場所での出来事を描いている。アゼルバイジャンでは、この後続く誰も予想できないような大事件の発端となるミッションが描かれる。
  • 中国は確かに新たなロケーションとして登場するが、詳細はまだ明かすことが出来ない。
  • DICEは前作“Battlefield 3”におけるシングルプレイヤーに満足していない。DICEは前作でプレイヤーの行動をコントロールしすぎたと考えている。
  • 新しい銃やビークルに関する詳細は明かせないが、大量の新コンテンツが用意されている。また、これまでと異なる類の水上ビークルとして強襲上陸にフォーカスしたものが存在する。
  • Battlefieldシリーズはこの10年の間、様々な設定上を往き来しているが、DICEは現在の近代設定において、よりキャラクターに接近した物語を描きたいと強く感じている。
  • 前作Battlefield 3に登場したキャラクターのうち数人がBattlefield 4に再登場を果たす。Troedsson氏はその例として、17分のゲームプレイに登場したヘリコプターのパイロットを挙げ、このユニバースにまだ伝えるべきストーリーが残されていると強調した。(※ ここで言及された再登場を果たすキャラクターは前作のJennifer Hawkinsだと思われる)
  • Troedsson氏はHannaがプレイアブルなキャラクターではない事を改めて伝えている。
  • 前作のシングルプレイヤーキャンペーンからの改善点として、Troedsson氏はプレイヤーの視点が複数の異なる(プレイアブル)キャラクターの間をジャンプする事が良くないアイデアだったことを学んだと述べ、今作では真っ先にこの要素を削除したと強調した。さらに氏は、前作が人間ドラマを描くにあたってキャラクターの描き分けが十分でなかった(※ キャラクター達がみな銃を手にヘルメットを被った男性で、プレイヤーの誰もが彼らを見分けることが出来なかった)ことを認め、Battlefield 4では個別のキャラクターをより認識可能で、ビリーバブルな存在にしようと取り組んでいるとアピールしている。
  • 以前にPatrick Bach氏が「DICEはBattlefield工場ではない」と語った件について、Troedsson氏は現在DICEが取り組んでいるプロジェクトについて確認や否定は出来ないが、Battlefieldのみを作らないことはスタジオの戦略だと明言。これが実際に何を意味するかについては今後の動向を見ていて欲しいと説明した。
情報元:OXM

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.