「Activision R&D」

先日、Activisionの技術ディレクターJorge Jimenez氏がフォトリアルなキャラクター表現技術に関する講演を行ったGDCパネル“Photorealistic Eyes Rendering and Deformation”のイメージと映像をご紹介しましたが、新たにドイツのPC Gamesが本パネルの様子を20分強に渡って収録した映像を公開し、フォトリアルなモデルが実際にリアルタイムで動く様子が登場しました。

クオリティの高い疑似GI表現を支えるオクルージョンの各種比較や、PCFとPCSSによるソフトシャドウの比較、テクスチャサイズに関する情報、リフレクションやウェットさを含む眼球表現に関する詳細に加え、実際に3Dモデルをドラッグして移動させる様子や、各種パラメーターとオプションを含むHUDも見られる興味深い映像は以下からご確認下さい。

「Activision R&D」
左がレンダーモデル、右が本物の写真
「Activision R&D」
毛穴まで見える皮膚表現、左がレンダー/右が本物の皮膚
「Activision R&D」
参考:GDC開催時に公開された“Activision R&D”の技術映像
情報元:Gameranx

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.