「The Last of Us」

本日、デモ版のデータ解析から浮上したマルチプレイヤーの噂が報じられた「The Last of Us」ですが、先ほど本作のマルチプレイヤーパートに関するハンズオン情報が解禁され、“Factions”と呼ばれるモード名やクラス制の採用を含む具体的なディテールと共に、マルチプレイヤー用のキャラクターが確認できる複数のスクリーンショットが登場しました。

  • The Last of Usのマルチプレイヤーモードは“Factions”と呼ばれ、プレイヤーはシングルプレイヤーに登場する2つの生存者勢力から所属を選択出来る。
  • ゲームモードは“Supply Raid”と“Survivors”の2種類が用意されている。
  • 1マッチは1日に換算され、プレイヤーは12週間の生存を目指す。
  • “Supply Raid”モードはチームにそれぞれ20のスポーン回数が与えられ、Clanの物資獲得を競う。クラフトしたアイテムは死亡時に持ち越される。
  • “Survivors”モードはマッチ毎に7発の弾丸が支給され、プレイヤー死亡時はラウンド終了まで復活不可となっている。
  • マルチプレイヤーは4vs4の最大8人対戦となる。
  • マルチプレイヤーマップは7種で、大学の中庭や、雪が降る居住地、高校の図書室、屋内のジムなどが確認された。
  • プレイヤーはキャラクターの外観をカスタマイズ可能で、アンロック可能なマスクやヘルメット、ジェスチャーが用意されている。
  • エンブレムのデザインが可能。
  • ロードアウトにはデフォルトの4クラス(AssaultとSniper、Support、Stealth)に加え、4つのカスタムスロットが用意されている。
  • 各クラスにはそれぞれ異なる武器やスキルが用意されており、Sniperは9mmのサイレンサー付きピストルと、しゃがみ移動時に敵のListen Modeに姿が映らないスキル“Covert Training 2”を装備していた。
  • “Factions”ではシングルプレイヤーキャンペーンと同様にListen Modeの使用が可能。
  • この他、シングルプレイヤーと同様のクラフトシステムが実装されており、キャンペーン時の半分の時間でアイテムが作成可能なスキルが確認された。
  • ヘッドショット時に体力を回復させ、スコープを覗き込んだ際の揺れを軽減させるスキル“Sharpshooter 3”が確認された。
  • マッチ中に一度使用可能なブースターが登場するが、利用にはClanの所属人数を増やす必要がある。
  • 敵を殺害し、所持していた物資をLoot可能。
「The Last of Us」
「The Last of Us」
「The Last of Us」
「The Last of Us」
「The Last of Us」
「The Last of Us」
「The Last of Us」
「The Last of Us」
「The Last of Us」
情報元及びイメージ:Gaming Everything, Push Square, TheSixthAxis

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.