「Dragon Age: Inquisition」

次世代機対応も果たす人気RPGシリーズ最新作“Dragon Age: Inquisition”の導入にあたって、シリーズ前作からのセーブデータ移行に問題を抱えているDragon Ageシリーズですが、この問題に一定の解決をもたらす新サービス「Dragon Age Keep」が発表され、シリーズ2作を通じてプレイヤーの選択を再現し、ゲーム世界の情勢を含む背景の学習も兼ねた上で来る最新作にインポート可能なWebサービスの開発が進められていることが明らかになりました。

既に公式サイトもオープンし、簡単なアンケートを含むベータテスト参加の受付も開始されており、来年初頭にテストが実施されることが判明しています。

Dragon Age Keepは、過去にプレイヤーがWardenとHawkeをどのように変化させたか、仲間は誰だったか、誰とロマンスに落ち、誰が権力を握り、或いは没落したかといった前2作の主要な選択と結果をアプリ内で再現しつつ、Chantryとメイジの対立や、Ferelden王国とOrlesian帝国の軋轢、Qunariの情勢などを改めて整理し、出来上がった結果をクラウド経由で“Dragon Age: Inquisition”にインポートするもので、Mark Darrah氏は引き続きセーブデータそのもののインポート実現に取り組むことを前置きしつつ、前2作のリプレイを必要とせず様々な情勢を新作にアウトプット可能なKeepにも一定の利点があることを強調しています。

また、Mark Darrah氏は初代からDA2へのセーブデータ移行に600種ものデータポイントが存在し、セーブデータの移行そのものがbuggyで修正対応が困難な複雑な要素であることを挙げており、Keepがロジックの矛盾から解放し、新作へのシンプルな移行を実現するメリットも併せ持つと強調していますが、コアなファンにとって本シリーズの重要な要素の1つであった筈の引き継ぎを簡素化することが歓迎すべき対応でないことは容易に想像が付くところで、今後Keep以外の移行が実現されるか、動向に改めて注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:BioWare Blog, Dragon Age Keep, IGN

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.