「Adventure Time: Explore the Dungeon Because I Don’t Know!」

先日、Shantaeシリーズ最新作“Shantae: Half-Genie Hero”のKickstarterキャンペーンを見事成功させたWayForwardのアドベンチャー・タイム新作「Adventure Time: Explore the Dungeon Because I Don’t Know!」ですが、新たにPolygonがプロデューサーを務めるAaron Blean氏のインタビューを掲載し、本作のプロットに今後のアニメ版にも影響を与える重要な要素が含まれていることが明らかになりました。

多数の主要キャラクター達がLand of Oooの地下に広がるダンジョンを探索するハック&スラッシュ型のアクションRPG“Adventure Time: Explore the Dungeon Because I Don’t Know!”ですが、この地下ダンジョン“ロイヤルシークレットダンジョン”はかつてプリンセス・バブルガムがキャンディ王国の平和を守るため悪いクリチャーを閉じ込めたもので、本作の冒頭では閉じ込めた筈のモンスター達がダンジョンから逃げ始めたため、この事態を収拾すべくフィンやジェイク、フレーム・プリンセス、レモングラブ伯爵といったお馴染みのキャラクター達が招集されることが報じられていました。

Aaron Blean氏によると、本作のプロットは原作者であるPendleton Ward氏が書き上げたもので、プレイヤーがダンジョンに纏わる謎を解決した際には、プリンセス・バブルガムに関するある暗い秘密が知らされるとのこと。また、この秘密はAdventure Timeの新たな設定として今後のアニメ版にも影響を与えることが明らかにされています。

今のところ、この秘密に関する情報は明らかにされていませんが、これ以外にもプリンセス・バブルガムの本当の年齢(少女のような見た目とは異なり実際は高齢であることが知られている)や、彼女が地下ダンジョンを構築した理由も描かれるとのこと。

さらに、ゲーム版の本編にはアニメ版のキャラクターに関する多くの新情報が用意されており、これらの要素も全て今後のアニメ版にフィードバックされることが判明しています。

Adventure Timeファンには気になる要素山盛りの“Adventure Time: Explore the Dungeon Because I Don’t Know!”ですが、Blean氏によると、プレイアブルキャラクターとしてこそ登場しないものの、フィオナとケイクに関する小ネタも用意されているとのことで、今年11月中旬の発売が今から待ち遠しいところです。

情報元:Polygon

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.