「Wasteland 2」

Falloutシリーズの前身として知られる“Wasteland”を現世代に復活させる新作として、Brian Fargo氏率いるinXile Entertainmentが開発を進めている新作RPG「Wasteland 2」ですが、先日Kickstarterページが更新され、10月中のリリースが報じられていた出資者向け早期ベータの進捗やワールドマップのUI、今年8月に発表された初代“Wasteland”の再リリースに関するディテールなど、多数の新情報が明らかになっています。

「Wasteland 2」
Mキーで表示される2Dワールドマップ、汚染地域がアイコンで示されている
  • 10月中に予定されている早期ベータの開始に向けて、テストランとして小規模なグループ向けに早期ベータビルドの配布がSteam経由で行われた。
  • このテストランで複数の環境における動作確認を行い、その後早期ベータのリリースが行われる予定。
  • 早期ベータはSteam経由で配布される。
  • 本作のワールドマップは、アリゾナを舞台とする初代Wastelandのマップを忠実に再現している。
  • ワールドマップには大きく分けて3種類のロケーションが存在する。
    • Settlement:Ranger CitadelやAg Centerといった主要なロケーション
    • Site:廃鉱山やハイウェイの障害など、小規模なロケーション
    • Resource:隠された現金やアイテムなどが得られるオアシスを含むロケーション
  • 本作の重要なサバイバル要素として“水”の確保と管理が存在し、ロケーションによっては脱水で死亡することも考えられる(※ 水管理のリスクは難易度によって変化)。水の消費量は横断しているロケーションによって変化し、草原や高地での消費が緩やかな一方で、砂漠は最も多くの水を必要とする。前述したオアシスでは水の補給も可能。
  • 友好的な関係にあるロケーションでは自由に水を給水可能だが、中立的或いは対立的なロケーションにおける給水の利用については、この使用を解除するミッションをクリアする必要がある。

■ 初代“Wasteland”の再リリース版について

  • 初代“Wasteland”の再リリース版は高解像度対応や、昨今の新しいCPUでも動作するよう改修が加えられている。
  • Mark Morganの楽曲やダイアログテキスト統合、本文のボイスやポートレートの改善も施される。
  • 複数のセーブゲームに対応を果たし、再スタートにゲームをワイプする必要が無くなった。
  • 再リリース版は出資者向けの無料特典以外に、GOGとSteamでスタンドアロンタイトルとして発売される予定。
「Wasteland 2」
刷新された敵キャラクターのアートワーク
「Wasteland 2」
デザインが刷新された敵ロボット

初代Wastelandの再リリース版はPC以外にOSXとLinux向けにもリリースされる予定
「Wasteland 2」
再リリースされる初代のオプション設定画面
「Wasteland 2」
描き直された初代のプレイヤー用ポートレート
「Wasteland 2」
再リリース版WastelandのUI
情報元及びイメージ:Kickstarter, GameBanshee

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.