「Tearaway」

11月22日の海外発売と12月5日の国内発売が目前に迫るMedia MoleculeのPS Vita専用タイトル「Tearaway」ですが、先ほど本作の主人公“イオタ”と“アトイ”の胸踊る冒険と、プレイヤーの干渉に多彩な反応を見せるゲーム世界の映像をたっぷりと収録した素敵なローンチトレーラーが公開されました。

また、海外では大手メディアによるレビューも解禁され、魅力的なサウンドや紙をモチーフにした特有のアート、心温まる世界観とストーリー、PS Vita固有の機能を用いた操作性など、あらゆる角度から絶賛が飛び交い、一部満点と9点台がずらりと並ぶ素晴らしい評価を獲得したことが判明しています。

今回は、可愛らしいローンチトレーラーとMedia Moleculeの新たなスタジオツアー映像に加え、各所のレビュースコアと一部評価概要をまとめてご紹介します。

新たに公開されたローンチトレーラー
Media Moleculeの素敵なスタジオツアー映像
  • Polygon9.5/10
    “Tearaway”はフレッシュ且つ誘惑的、そして複雑な作品で、プレイヤーが恋に落ちるのを限界まで容易にするため巧みに設計された稀に見る血統だと言える。その要素は紙で構築された世界や、非常にキャッチーなフォークエレクトロニックのサウンドトラック、可愛らしいキャラクター達ではなく、ゲームのいたるところでプレイヤーをゲームに巻き込もうとする手法にある。
  • IGN9.3/10
    “Tearaway”はまさに“喜び”だ。ブタに乗って夕日へと突き進んだり、スーパーパワーのアコーディオンとバスケットボールをしている間も“Tearaway”は必ず私を笑顔にさせた。本作はVitaの全てを利用し、他のプラットフォームでは実現されるとは到底思えない経験を見事に作り上げた。本作は短いかもしれないが、非常に特別な存在だと言える。イオタにはどうかすぐに戻ってきてほしい。

    • +:手触りを持つ世界
    • +:ゴージャスなアートスタイル
    • +:溢れる創造性
    • +:喜びに満ちている
    • -:無駄な戦闘
  • Edge9/10
  • Destructoid10/10
  • Videogamer 9/10
  • CVG9/10
  • USgamer 10/10
  • Gamespot8/10
  • Eurogamer8/10
  • Gamesradar8/10
  • OPM UK8/10
  • Joystiq3/5
  • Pocketgamer10/10
  • Joypad100/100
  • EGM9.5/10
  • Gamereactor9/10
  • thesixthaxis9/10
  • PushSquare9/10
  • Escapist4.5/5
  • Cinemablend4.5/5
  • GamesVillage9.2/10
  • PlayFront9/10
  • Games.ch88/100
  • FZ.se4/5
  • Digitalspy4/5
  • Pushsquare9/10
  • NZGamer9.5/10
IGNのレビュー映像、スコアは9.3/10

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.