「Steam コントローラ」

先日、ベータテスト当選者向けに300台のプロトタイプが発送され、内部構造やスペック、SteamOSの概要など、多数の興味深いディテールが報じられたValveの新型ハード“Steam Machine”ですが、新たにプロトタイプを入手したTrial By Gameが大量のゲームを実際にプレイする様子をはじめ、キーバインドや感度オプションの設定と実際の挙動を判りやすく撮影した映像を公開し注目を集めています。

今回は、多くのPCゲーマーが気になるであろう「Steamコントローラー」の現実的な使用感や感度、設定のあれこれが確認できる多数の映像をまとめてご紹介します。

「Steamコントローラー」のレイアウトとキーバインド設定

「Steamコントローラー」トラックパッドの感度オプション設定

トラックパッドによるマウスカーソルの移動量やタイトな視点移動の感度が興味深い

Valveの人気MOBA「Dota 2」

操作量が多いDota 2、操作のスムースさはともかく、十分なゲームプレイには相当研究が必要に感じられる

人気シューター続編「Metro: Last Light」

戦闘シーンは少ないが、非常にスムースなプレイが確認できる

Big Pictureに似た仮想キーボードを利用した「Typing of the Dead」プレイ

思ったよりもスムースなタイピングを可能にするコントローラーの精度が興味深い

マウス操作に精度が求められる人気シミュレーション「Civilization V」

キーバインドに工夫が必要となるものの、細かなマウス操作の精度は十分に感じられる

エクストリームな手術ゲームとしてお馴染み「Surgeon Simulator 2013」

情報元:Kotaku

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.