「Titanfall」

先ほど超巨大生物や未発表マップ、実績用イメージなど、新たに流出した大量のスクリーンショットをご紹介した「Titanfall」ですが、連日ご紹介している通り、海外コミュニティではベータビルドのイメージを元にした発掘作業がどんどん進められており、とうとう音声データの抽出や画像ファイルのスクレイピングにまで及ぶ状況となっています。

今回はそんな発掘作業と幾つかのイメージ流出から浮上した各種新情報と、製品版のテクスチャ解像度に関する情報を一気にまとめてご紹介します。

なお、今回ご紹介する内容にはキャンペーンマルチプレイヤーやゲームモードに関する情報が含まれていますが、何れもベータビルドの内部から浮上したもので、製品版の仕様を決定付けるものではありませんのでご注意下さい。

「Titanfall」
流出したTitanfallの周回要素と噂されるGenerationのRegenerate時メッセージ
Generationシステムに関する詳細は過去記事の達成条件、周回別のXPボーナス記事をご確認下さい
「Titanfall」
以前に登場が示唆されていたタレットのイメージも流出した
Titanにも有効な自立型タレットで、Spectreと同様にデータナイフでハッキング可能との未確認情報も登場している
「Titanfall」
再掲:新たに登場が確認されたジップライン
  • 映画的なキャンペーン要素をマルチプレイヤーに導入すると謳われたTitanfall注目の新要素“マルチプレイヤーキャンペーン”は、IMCとMilitiaの両方からプレイ可能な9つのキャンペーンマッチから構成される。なお、キャンペーンは5種のAttritionと4種のHardpoint Dominationから構成され、幾つかのサプライズが用意されている。
  • ベータビルドから、新たに以下のゲームモード5種が発掘された。
    • Attrition:ベータでもプレイ可能だった所謂チームデスマッチ
    • Capture the Flag
    • Hardpoint Domination:ベータでもプレイ可能だったドミネーション
    • Last Titan Standing:ベータでもプレイ可能だったTitan戦闘にフォーカスしたモード
    • Pilot Hunter:パイロットのキルでスコアリミットの到達を競うモード、Attritionと異なりGruntとSpectreのキルがチームスコアに加算されないが、Titan配置とTitan Coreアビリティの短縮は適用される
  • 以前に、Respawn EntertainmentのプログラマRayme Vinson氏がクローズドアルファビルドのテクスチャ解像度が製品版の25%だと発言し話題となったが、Vince Zampella氏が新たに製品版とベータ版のテクスチャに差がないことを明言している。(※ なお、PC版ベータビルドにはテクスチャ設定がInsaneまで用意されていた)
ベータ版のテクスチャが最終解像度であることを明かしたVince Zampella氏

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.