「Destiny」

先日、ガーディアン達の“顔”に関するクローズドセッションがGDCで実施されるとご紹介したBungieの新作「Destiny」ですが、新たにマーカーレスのフェイシャルモーションキャプチャーを特色とするミドルウェア“Faceware”を手掛けるFaceware Technologiesがプレスリリースを発行し、BungieがDestinyの開発に“Faceware”技術を採用したことが明らかになりました。

“Faceware”は、マーカーレスの3Dフェイシャルモーションキャプチャーを特色とする歴史深いミドルウェアで、“Grand Theft Auto V”を含む数々のRockstar作品や“Crysis 3”、“Killzone: Shadow Fall”といったビデオゲームをはじめ、“キャプテン・ハーロック”や“The Wolfman”といった映画作品、HBOの人気TVドラマシリーズ“ボードウォーク・エンパイア”など、数多くのエンターテインメント作品に採用されているほか、BungieのHalo: Reachにも用いられたことが知られています。

今のところ、Destinyがどういったフェイシャルを用意しているのか、詳細は明らかにされていませんが、これまで2体のNPCと思われるキャラクターを除き、プレイヤーキャラクターであるガーディアン達は全てヘルメットを装備した状態でのみ提示されており、今後キャラクタークリエイトやプロットに関する続報の中で“顔”に関するディテールが改めて語られるか、GDCパネルの情報と併せて注目が集まるところです。

情報元:Develop, Faceware Tech

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.