「Tom Clancy’s The Division」

昨年のE3でサプライズ発表され、細菌のアウトブレイクによって5日間で都市機能が崩壊したニューヨークを舞台とすることが報じられていたUbisoftの新作RPG「Tom Clancy’s The Division」ですが、新たにこれまで登場したインゲームのマンハッタンエリアと実際のマンハッタンを比較した興味深い検証映像が登場しました。

今回の映像はこれまでに公開されたトレーラーやフッテージ内に登場した地図、昨年11月に公開された全体マップ“らしき”ニューヨークのイメージなど、幾つかの素材を複合的に調査したもので、“The Division”が本物のマンハッタンを正確に再現しつつ、一部のレイアウトに大きな変化を与えている様子や、Massiveの内製エンジン“Snowdrop”により生み出された美しい街並がたっぷりと確認できます。なお、現時点で本作のマップサイズに関する具体的な情報は明かされておらず、今回ご紹介するエリアが実際に実装されるとは限りませんのでご注意下さい。

MarcoStyleが公開したマップの検証映像
「Tom Clancy’s The Division」
検証に使用されたThe Division世界の概要図
「Tom Clancy’s The Division」
参考:現実世界では約8.5km四方、約72.25平方km程度となる
イメージ:Facebook

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.