「Hotline Miami 2: Wrong Number」

2013年1月に18歳以上向けの新レーティングクラスが導入されたものの、その後も“Saints Row IV”や“State of Decay”、“South Park: The Stick of Truth”の審査が大きな話題となったオーストラリアのビデオゲーム市場ですが、先日「Hotline Miami 2: Wrong Number」のレーティング審査が性的な暴力表現に伴い中止となり、パブリッシャーを務めるDevolver Digitalが現段階でレーティング通過に向けた修正対応を進める計画がないことを明示したことから、事実上の発売禁止となることが明らかになりました。

そんな中、本シリーズを生んだクリエイターの1人“Cactus”ことJonatan Soderstrom氏が、直接ゲームを購入することができないかと打診するファンの質問に応じ、「結果的にオーストラリアで発売されない時は、発売後に違法DLすればいい。こちらに現金を送る必要なんてない、ただゲームを楽しんでくれ!」と説明し注目を集めています。

「Hotline Miami 2: Wrong Number」
Jonatan Soderstrom氏がファンに宛てたメッセージ、原寸大のイメージにリンクしてあります

これは、Soderstrom氏から直接メールの返事を受けとったユーザーが本文のスクリーンショットをRedditに投稿し話題となったもので、パブリッシャーを務めるDevolver DigitalのCFO Fork Parker氏とスタジオの広報が共に本人の発言に間違いないことを既に認めており、Jonatan Soderstrom氏が何よりもゲームをプレイして貰えることを望んでいると強調しています。

Devolver DigitalのCFO Fork Parker氏がCactusのメッセージを本物と認めている

余談ながら、Jonatan Soderstrom氏は初代“Hotline Miami”を発売する以前、数ヶ月に渡って無一文だった経験から(著作権侵害されること自体を望んではいないものの)違法ダウンロードに手を出す気持ちは理解できると語り、初代“Hotline Miami”初期ビルドの海賊版プレイヤーが最善の経験を楽しむことができないとして自ら修正ファイルをリリース。皆が楽しめる経験を作り上げるため懸命に取り組んできたことを強調し、「バグは金を失うことよりも酷い」と断言していました。

情報元及びイメージ:Devolver Digital, Eurogamer, MCV, Ars Technica, Polygon

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.