「Descent」

1994年に記念すべき1作目が発売され、その後96年に登場した2作目と99年の3作目が大きなヒットを記録し、一世を風靡したInterplayの6DoF(Six Degrees of Freedom:前後/左右/上下方向への移動と回転を特色とする所謂6軸)シューター“Descent”シリーズですが、本日フランチャイズの権利を得たDescendent Studiosが開発を手掛ける新作「Descent: Underground」がアナウンスされ、60万ドルの資金調達を目指すKickstarterキャンペーンを開始。およそ16年ぶりに登場する最新作のプロトタイプフッテージや宇宙船を紹介するプロモーション映像が公開されました。

本日公開された“Descent: Underground”のKSプロモーション映像

“Descent: Underground”は、かつて“Wing Commander 4”や“Starlancer”といった作品をクリス・ロバーツと共に手掛け、半年前まで“Star Citizen”のプロダクションを率いるCloud Imperiumの要職として活躍していたベテランEric Peterson氏がシリーズの復活を掲げ設立したDescendent Studiosが開発を手掛ける新作で、まずは1チーム8人で構成される8チームが参加可能なマルチプレイヤーの開発にフォーカスし、将来的にキャンペーンの実装を予定していることが判明しています。

また、タンクやアサルト、エンジニア、採掘、運搬、偵察といった特定の役割を担うカスタマイズ可能な多数の船体やスキルツリーに加え、UE4の採用、オープンスペースや馴染み深い狭い通路を含むレベル環境、MOD対応といった要素を特色とし、2016年3月の発売を予定しているとのこと。

なお、本作のKickstarterキャンペーンは、開始から僅か半日ほどで約11万ドルの調達を達成しており、現在ではすっかりニッチなジャンルとなってしまった6DoFシューターのフロンティアが無事リブートを果たすか、キャンペーンの動向に大きな期待が掛かるところです。

KSキャンペーンの開始に併せて公開されたインゲームフッテージ
「Descent」
「Descent」
「Descent」
「Descent」
「Descent」
「Descent」
情報元及びイメージ:kickstarter, IGN, Polygon, Shacknews

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.