「Horizon Zero Dawn」
Aloyと対峙する巨大な“Thunderjaw”

先日、主人公“Aloy”の誕生に影響を与えた著名なキャラクターとして、サラ・コナーやエレン・リプリー、そして人気ドラマ“ゲーム・オブ・スローンズ”のイグリットといった力強い女性像が挙げられた“Guerrilla Games”の新作「Horizon Zero Dawn」ですが、新たにOPM誌最新号に本作のプレビューが掲載され、アナウンストレーラーに登場した巨大なロボT-Rex“Thunderjaw”のポリゴン数がなんと55万(※ “The Order: 1886”のフォトリアルな主要キャラクター達が10万超えだった)規模に達していることが判明。さらに幾つかの興味深いディテールが明らかになっています。

  • “Thunderjaw”の3Dモデルは約55万ポリゴン。
  • “Thunderjaw”のアニメーションは271種に達し、67種のビジュアルエフェクトが用意されているほか、ヒットリアクションの数は60種を超える。
  • 武器はレーザーやガトリングガン、クラシックな踏みつけ、背中の巨大なディスクランチャー(※ トレーラーではAloyがこれを破壊し、自身の武器として利用した)を含め12種の武器を備えている。
  • 映像にも確認できるダメージによって破壊可能な装甲パネルの数は63枚に及ぶ。
参考:AloyとThunderjawの激しい戦闘を描いたE3トレーラー

破壊可能なパネルの内部まで入念に作り込まれた“Thunderjaw”は、確かに類を見ない規模のディテールを持つメカですが、ポリゴン予算の規模やLoDの概要こそ不明ながら、本作には広大なオープンワールド環境や豊かに生い茂る草木、非常にリアルなボリューメトリックの雲、美しい赤毛の長髪と豊かな表情をもつ主人公Aloyなど、膨大な数のオブジェクトが同時に存在しており、killzoneシリーズで常に技術的な革新を続けてきたGuerrillaがどんな取り組みを進めているのか、今後の続報に大きな期待が掛かるところです。

余談ながら、昨今のビデオゲームに登場するキャラクターのポリゴン数は、前述した“The Order: 1886”の主要キャラクターが10万ポリゴン超え、God of War IIIのクレイトスさんが2万ポリゴン、Beyond: Two Soulsのジョディが約3万ポリゴン、Ryse: Son of Romeの主人公Mariusが85,000ポリゴンだったことが知られていました。

情報元及びイメージ:GamesRadar

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.