UPDATE:8月27日12:50

昨晩行われた「LawBreakers」の正式アナウンス併せてプレスリリースが発行され、ゲームプレイ映像の公開スケジュールを含む幾つかの新情報が明らかになりました。

これに伴い、昨晩ご紹介したディテールを一部整理し、ライブ配信から判明した幾つかのディテールやゲームプレイの直撮りイメージを追記しました。以下、更新後の本文となります。

「LawBreakers」

先日、ティザーサイトがオープンし、中間ティザーの公開が続いていたCliffy B率いるBoss Key Productionsの“Project Bluestreak”ですが、先ほどサイトのカウントダウン終了に併せてTwitch配信が開始され、世界の崩壊を描いたティザートレーラーと共にPC向けのアリーナシューター「LawBreakers」が正式にアナウンスされました。

“LawBreakers”は、政府が月面で行った実験の失敗によって一旦崩壊し、その後復興した未来の地球を舞台とするPC向けのアリーナシューター作品で、政府機関(Law)と犯罪者組織(LawBreakers)が戦うプロットの背景やCliffy Bが掲げるコンセプトなど、幾つか具体的なディテールが判明しています。

昨晩公開された“LawBreakers”のアナウンストレーラー
  • “LawBreakers”は、2016年発売予定のアリーナシューター作品で、対応プラットフォームはPC。F2Pモデルを採用し、5vs5のチーム戦を特色としている。初のゲームプレイ映像は8月28日EDT午前9時/PDT午前6時(日本時間の8月28日午後10時)に公開予定
  • “LawBreakers”のゲーム世界:“LawBreakers”は、“The Shattering”と呼ばれる終末によって現代文明が崩壊し、その後復興を果たした世界が舞台となっており、ドラッグや紛争によって新世界に台頭しアメリカ国内にまで勢力を拡大させた犯罪者組織(LawBreakers)と政府機関(LawEnforcement)達の対立構造がゲームの軸となる。
  • 重力異常と文明の崩壊をもたらしたカタストロフ“The Shattering”:“The Shattering”は、崩壊前の政府が月面で行った実験の失敗により生じた大破壊で、月の形状が変わってしまうほどの大爆発に伴い、地球に巨大な地割れや海水温の異常な上昇、重力の崩壊をもたらし文明を崩壊させた。その後、生き残った人類によって文明は復興を遂げるが、人類はこの再興にあたって崩壊以前の過去と記録を元に文明の再構築を行っており、これが多彩な文化が奇妙に入り交じった(奇妙な和風テイストなど)エキゾチックなスタイルを生んでいる。また、Sci-Fi的な文明の再興にあたって、人類は重力をコントロールする能力を獲得しており、ゲームメカニクスの大きな要素を担っている。
  • 犯罪者組織(LawBreakers)と政府機関(LawEnforcement)の戦い:“LawBreakers”は前述した通り、大きく分けて犯罪者組織と政府機関の対立を描いているが、それぞれに多数のサブ党派が存在しており、犯罪者グループ“修羅”やトレーラーにも姿が見られる国境を超えた法執行機関“T.A.S.C.”(Transnational Authority of Supplement Control)といった党派の存在が確認されている。また、何れかの組織に所属する本作のプレイアブルキャラクターは、前述した重力を制御する能力に加え、サプリメントを利用した超人的な能力を持つ兵士として戦闘を繰り広げる。
  • Cliffy Bが掲げる“LawBreakers”のコンセプト:Twitch配信に出演したCliffy Bは、本作の重要な柱が「ギャングと銃、重力」と説明し、自身の出自でもあるアリーナーシューターをベースに、重力を制御する能力や、推進力を持つ幾つかの武器によって、地上の重力から解き放たれた自由度の高いゲームプレイを実現することを明らかにしている。また、本作には“大量の銃”が登場するほか、ジェットパックやロケットランチャー、エネルギー兵器、グラップリングフックを含むガジェット、ADSの導入、半数を占める女性プレイアブルキャラクターの存在が明言されている。
  • “PAX Prime”向けのプレイアブル出展も決定:今週末にシアトルで開催される大規模イベント“PAX Prime”にて、本作のプレイアブル出展が行われる。デモビルドは4人のキャラクターと1枚のマルチプレイヤーマップが利用可能とのこと。なお、お披露目はイベント会場から離れた秘密の会場で行われ、“LawBreakers”の公式Twitterや“Boss Key Productions”の公式Twitterが会場の手掛かりを提示する予定。このハンズオンデモの入場は先着順に行われる。
  • 今のところ、F2Pのビジネスモデルに関するディテールは不明。
Cliffy Bの盟友でもあるArjan Brussee氏が公開したゲームプレイの直撮りイメージ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその107
「バカだと思われてるのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.