「System Shock」

現在、Underworldシリーズの正統な後継新作“Underworld Ascendant”の開発を進めている「OtherSide Entertainment」が公式サイトで謎のカウントダウンを開始し、週末に何らかの発表を予定していることが明らかになりました。

また、このティザーサイトにはカウントダウンと共に進行するものと見られる文言が掲載されており、現在“S”の一文字だけが確認できますが、文言の表示には意図して“Industria Lt Std Solid”フォントが用意されており、これが初代“System Shock”のフォントに酷似(※ 以下に参考画像有り)していることから、“System Shock”の新作が登場するのではないかと注目を集めています。

「System Shock」
参考:フォントと初代ロゴの比較画像、特殊な形状の“K”に加え
“C”や“O”、“S”の形状も合致している

なお、初代“System Shock”については、先日ご紹介した通り現在フランチャイズの権利を全て所有するお馴染みNight Dive Studiosが現世代向けのフルリメイクを進行中ですが、11月中旬にご紹介したNight DiveのボスStephen Kick氏のインタビューでは、スタジオが“System Shock 3”を実現すべく外部のパートナーと幾つかの対話を持っていると語っており、このパートナーがかつてシリーズの誕生に深く関わった“OtherSide Entertainment”を指す可能性は十分にあり得ると言えそうです。(※ 或いは初代“System Shock”のリメイクにOtherSideが協力か)

説明が前後しますが、件の“OtherSide Entertainment”は、かつて名門Looking Glass Studiosを設立し、Underworldシリーズを生んだ中心人物の1人でもあるPaul Neurath氏が新設したインディースタジオで、新作“Underworld Ascendant”の開発には共にUnderworldシリーズを生んだウォーレン・スペクター氏がアドバイザーとして参加していることが報じられていました。(※ さらに、Paul Neurath氏とウォーレン・スペクター氏は共に“System Shock”の誕生を支えた中心人物でもある)

先日はBioShock Infiniteを含むIrrationalの代表作やThe Last of Usのリードアーティストを務めたベテランNate Wells氏を雇用したことが報じられた“OtherSide Entertainment”ですが、一体水面下でどんなプロジェクトが進行しているのか、週末のカウントダウン終了に大きな期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:GameWatcher, Fast Company, Otherside Tease

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.