「Serious Sam 4」

2013年6月の正式発表を経て、水面下で開発が進められている人気シリーズ最新作「Serious Sam 4」ですが、新たにCroteamのリードゲームデザイナーDavor Hunski氏やコンポーザー兼CMO Damjan Mravunac氏、CTO Alen Ladavac氏といった中心人物達が出演するインタビュー映像が公開され、来る最新作に関する幾つかの新情報が明らかになりました。

これはクロアチアのゲームカルチャー誌“Reboot”が公開したもので、前述した開発者達が新作に関する以下のようなディテールを提示しています。

  • “Serious Sam 4”は最新のSerious Engineを採用し、Photogrammetry(写真モデル化技術:複数枚の写真を利用するイメージベースドモデリング手法、“Star Wars Battlefront”や“The Vanishing of Ethan Carter”といった作品で知られる)とモーションキャプチャー技術を新たに利用する。
  • “Serious Sam 4”は、前作“Serious Sam 3”以前の展開を描く新作で、誰も予期できないような、まだ誰も目にしたことがないような新機能を特色とする。
  • DRMは“Serious Sam 3”に続いてImmortal Scorpionを採用予定。
  • “Serious Sam 4”は画面上に登場する敵の数においてシリーズの頂点を目指している。
  • “Serious Sam 4”が利用するSerious Engineは、“The Talos Principle”が採用したSerious Engine 4に多くの拡張を施した新バージョンで、Vulkan APIに対応予定。具体的なディテールは正式なお披露目時に改めてアナウンスされるとのこと。

未だ、多くの要素が謎に包まれた状態にある“Serious Sam 4”ですが、昨年9月には“The Talos Principle”の見事なシナリオを手掛けたライターJonas Kyratzes氏とVerena Kyratzes女史の夫妻が最新作の脚本を手掛けることが発表され、既にドラフトを書き終えた状況にあることが報じられていました。

情報元:DSOGaming

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.