「Dark Souls III」

3月24日のコンソール版発売(※ PC版は4月12日)がいよいよ目前に迫る人気シリーズ最新作「DARK SOULS III」ですが、新たにフロム・ソフトウェアが本作のゲームプレイに大きな影響をもたらすプレイヤーのアーキタイプ“素性”と、オンラインネットワークにおける役割を示す“誓約”のラインアップや概要をまとめた最新のリリース情報をアナウンスしました。

また、ロケーションや不気味な敵に関するディテールも登場していますので、参戦予定の方は発売に向けてチェックしておいてはいかがでしょうか。


高い体力と対応能力を特色とする「騎士」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(騎士)。
放浪の末に倒れた、名も無き下級の騎士だったようだ。
高い体力を活かした硬い金属鎧をつけており、ロングソードは、戦技「構え」からの状況対応能力が高い。
「Dark Souls III」

双刀の曲剣を用いた連続攻撃を得意とする「傭兵」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(傭兵)。
生涯戦場にあった、歴戦の傭兵だったようだ。
高い技量で、双刀の曲剣を使いこなす。
その戦技「回転」は、周囲を連続で切り裂き、またそこから更に攻撃を繋ぐこともできる。
「Dark Souls III」

重い戦斧やウォークライで戦う「戦士」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(戦士)。
屈強で知られた、北の戦士の末裔だったようだ。
高い筋力で、重い戦斧を振るう。
攻撃型の素性であり、戦技「ウォークライ」で一時的に戦斧の威力を高める。
「Dark Souls III」

槍を用いた戦闘や回復能力を特色とする「伝令」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(伝令)。
かつて使命を帯び旅した、白教の伝令だったようだ。
槍を用い、その戦技「貫通突き」は、盾を構える相手に効果が高い。
また、HPを少しだけ回復する奇跡「回復の施し」を使うことができる。
盾も硬く、堅実な素性。
「Dark Souls III」

短刀と戦技術で致命的な一撃を与える「盗人」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(盗人)。
ありふれた盗人は、逃亡兵のなれの果てだったようだ。
短刀と戦技「クイックステップ」により、背後からの致命の一撃を得意とする。
また兵士時代のものなのか、最初から弓を持っており、遠距離攻撃も可能。
「Dark Souls III」

パリィに適した盾や“隠密”を用いる「刺客」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(刺客)。
かつて陰に潜み獲物を狙った刺客の一人だったようだ。
刺剣エストックと、パリィに適した小型の盾を持つ他、魔術「隠密」を使うことができる。玄人向けの素性だろう。
「Dark Souls III」

ソウルの魔術を操る遠距離攻撃に秀でた「魔術師」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(魔術師)。
探求のため魔術の学院を離れた、孤独な者だったようだ。
高い理力でソウルの魔術を操り、遠距離での戦いを得意とする素性。
魔術の威力を高める「幼い竜印の指輪」を持っている。
それは、魔術師の名を正式に与えられた証しである。
「Dark Souls III」

手斧を装備し火を操る「呪術師」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(呪術師)。
辺境からの旅人だったようだ。
呪術師は火を操り、呪術「火球」を使うことができるほか、呪術の威力を高める「大沼の指輪」を持っている。
手斧による接近戦も可能。
「Dark Souls III」

メイスを装備し、信仰に基づく奇跡を特色とする「聖職者」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(聖職者)。
旅の途中で力尽きた、聖職者だったようだ。
メイスを振るい、また高い信仰で奇跡を使うしぶとい素性。
戦技「我慢」により、衝撃に耐えることもできる。
「Dark Souls III」

最低限の装備と最低レベルでスタートする「持たざる者」

「Dark Souls III」
キャラメイク時に選択できる素性のひとつ(持たざる者)。
最低限の装備だけを持ち、レベルも最低の1となる。
今作の主人公は、埋葬された名も無き者が蘇ったものだが、あるいは埋葬時に身包み剥がれたのだろうか。
「Dark Souls III」

3種の「誓約」や不気味な敵に関するディテール

「Dark Souls III」
誓約「青教」を教える祭儀長の女。
青教とは、古い約定の庇護者であり、誓約者が闇霊の侵入に苦しむとき、闇霊を狩る、青霊の助けを得ることができるという。
「Dark Souls III」
万歳を捧げる「太陽の戦士」の誓約者。
太陽の戦士は、輝ける協力者であるという。
それを求める誰かのために、黄金のサインを書き、召喚者を成功に導く使命があるのだ。
「Dark Souls III」
闇霊を狩る「青の守護者」の誓約者。
青の守護者は、古い約定を引き継いでおり、青教の誓約者が闇霊の侵入に苦しむとき青霊としてこれを助け、闇霊を狩る使命があるという。
「Dark Souls III」
正体不明の紫の霊体。
それは狂っており、火の宿主、そしてあらゆる霊体に、区別なく襲いかかるという。
「Dark Souls III」
威容を誇るロスリックの大書庫。
古くよりロスリックでは、賢者は王を支える三柱のひとつとされ、故に大書庫の領主たるを許されたという。
「Dark Souls III」
深い森の中の腐った沼地に、粗末な木の墓標が散らばっている。
そこはかつて堅固な城塞であったといい、垣間見える石造りの壁がそれを裏付けている。
「Dark Souls III」
戦場の亡霊として知られる、汚れきった騎士。
黄昏色と称されたその薄金の鎧は、いまや色褪せ、汚れたボロ布で覆われている。
「Dark Souls III」
白髪の鉄仮面を被った謎めいた女。
喪装にも似た漆黒のドレスは、また鎧でもあり、彼女自身も卓抜した剣士であるという。
「Dark Souls III」
なりそこないと呼ばれる異形のものたち。
見た目の通りまともではない彼らは、自らの貧相な尾骨を削り、痛々しい声をあげるのだという。

製品概要

「Dark Souls III」
  • タイトル名:DARK SOULS III (ダークソウルIII)
  • 対応機種:PlayStation®4、Xbox One、Windows®
  • 価格:
    • パッケージ版:7,430円(税別)
    • ダウンロード版:6,930円(税別)
  • 発売日:
    • PS4、Xbox One:2016年3月24日(木)発売予定
    • Windows:2016年4月12日(火)発売予定
  • ジャンル:アクションRPG
  • プレイヤー人数:1人 (オンライン時2~6人)
  • レーティング:CERO D (17歳以上対象)
  • 権利表記:©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / ©2011-2016 FromSoftware, Inc.
  • URL:http://www.darksouls.jp/
  • 開発ディレクター:宮崎英高 (FromSoftware, Inc.)

数量限定特典:特製地図ポスター&オリジナルサウンドトラック

「Dark Souls III」

パッケージ版を購入いただいた方に、数量限定特典としてゲーム世界を描いた特製地図ポスターと、ゲーム内BGMを全曲収録したオリジナルサウンドトラックCDをご用意。

※数に限りがございます。お早めにご予約・ご購入ください。
※特典の有無は、店頭にてご確認ください。
※デザインは実際のものと異なる場合がございます。予めご了承ください。
※パッケージ版にのみ付属します。ダウンロード版には付属しません。

PS4本体同梱パッケージ

「Dark Souls III」
数量限定 ソニーストア限定販売“DARK SOULS III Limited Edition”

PlayStation®4 DARK SOULS Ⅲ Limited Editionは、PS4®本体(ジェット・ブラック)に加え、PS4®用ソフト『DARK SOULS Ⅲ』(数量限定特典「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」付)、オリジナルデザインが刻印されたPS4®HDDベイカバー、DARK SOULS Ⅲ オリジナル カスタムテーマ、DARK SOULS Ⅲ オリジナル スリーブケースがセットになった数量限定商品です。
本商品は、ソニーの公式通販サイト「ソニーストア」、直営店舗「ソニーストア 銀座・名古屋・大阪」、および全国のe-ソニーショップにて購入可能です。

http://www.sony.jp/playstation/store/special/ps4/darksouls3/

情報元及びイメージ:プレスリリース

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.