「Destiny」

数日続いた流出を経て、遂に正式なお披露目を果たした「Destiny」の次期拡張パック“Rise of Iron”ですが、昨晩行われたTwitch配信を経て、国内外の公式ページもオープンし、新たな脅威を巡る追加コンテンツの具体的なディテールが多数判明しています。

という事で、今回はサラディン卿が導く“鉄の豪傑”達の物語やフォールン達が発見したナノテクノロジー“SIVA”(日本語版はZIVA)に絡むプロットをはじめ、ソーシャルハブを含む新ロケーション、PS3とXbox 360対応の廃止といった新情報をまとめてご紹介します。

参考:昨晩公開された“Rise of Iron”のアナウンストレーラー

次期拡張パック“Rise of Iron”(鉄の章)の概要

「Destiny」
かつて人類を救った“鉄の豪傑”(Iron Lords)に言及するプロットの概要
「Destiny」
Bungieが放送中に提示したコンテンツの概要

■ “Rise of Iron”(鉄の章)の概要

  • “Rise of Iron”(鉄の章)の発売は2016年9月20日、対応プラットフォームはPS4とXbox Oneで、価格は29.99ドル。インストールサイズは約14GB。
  • プレイには、“Destiny”本編と拡張IとIIを含む“The Taken King”の導入が必要となる。
  • 後日PlayStation向けの時限独占コンテンツがアナウンスされる予定。
  • 新キャンペーン
    • シネマティックなストーリー
    • 新ミッション
    • 新たなクエストライン
  • 新ロケーション
    • The Plaguelands(災いの地)
    • Felwinter Peak(フェルウィンターの山頂)
    • The Wall(壁)
  • 新たなCo-opコンテンツ
    • 新レイド
    • 新規とアップデートを含む各種ストライク
    • パトロールとパブリックイベント
  • 新クルーシブル
    • 新マップ
    • 新モード
    • 新機能
  • 光の最大値が増加。(具体的な数値は今のところ提示されていない)
  • 多数の新装備。
  • 新たな敵勢力とボス。
  • 海外版の予約特典として“Iron Gjallarhorn”が同梱される。(日本語版“鉄の章”は6月17日予約開始予定で、特典については続報待ち)

予約特典“Iron Gjallarhorn”について

「Destiny」
予約特典“Iron Gjallarhorn”の紹介トレーラー
  • “Rise of Iron”を購入し、特定のミッションを完了させた全てのプレイヤーに対して、クラシックなデザイン(白と金)のギャラルホルンのクラフトが解禁される。
  • “Rise of Iron”の予約購入者には、ギャラルホルンの外観を黒と銀色のデザインに変化させるアップグレード“Iron Gjallarhorn”が与えられる。

第三のソーシャルスペースを含む新たなロケーション

「Destiny」
かつて、“鉄の豪傑”達が拠点とした“フェルウィンターの山頂”
「Destiny」
フォールンの新勢力デビル・スプライサー達がはびこる“災いの地”、大規模な要塞の建設が進められている
「Destiny」
“鉄の豪傑”達がまつられた“鉄の寺院”
  • The Plaguelands(災いの地):新たな敵勢力となるフォールンのハウス“デビルズ”のスプライサー達がはびこる新たなPvEゾーン。旧ロシアのコスモドローム近くのエリアで、何世紀にもわたって隔離されていたが、デビル・スプライサーが壁を超え、禁断のナノテクノロジー“ZIVA”(※ 海外版の表記はSIVA)を手に入れ、これを利用し地域一帯を変容させようとしている。
  • Felwinter Peak(フェルウィンターの山頂):かつてシティとバンガードが登場する以前に、トラベラーの恩恵を受け人類の防衛と文明の再建を担った“鉄の豪傑”達が拠点とした山。山頂には新たなソーシャルスペースとなるかつての要塞が存在し、デビル・スプライサー達と戦うための新たな拠点となる。なお、ソーシャルスペースを解禁するためのクエストが存在する模様。また、このエリアには“鉄の豪傑”達をまつった鉄の寺院が存在する。

フォールンの新勢力“デビル・スプライサー”について

「Destiny」
フォールンのハウス“デビル”に所属するスプライサー達
自らの体を“ZIVA”と融合させフォールンが崇拝する機械神に近い存在へと昇華している
「Destiny」
映像に登場したデビル・スプライサーの兵士達、奇妙な脚部が印象的
「Destiny」
オーグメンテーションにより四肢を大幅に改造したボスの1人
  • “鉄の章”に登場する新たな脅威は、“デビル・スプライサー”と呼ばれるフォールンの新勢力で、旧ロシアの壁を越え、災いの地に侵入し、かつて“鉄の豪傑”によって地中深くに封印されていた禁断のテクノロジー“ZIVA”を手にしている。スラヴの古い神の名を冠した“ZIVA”は、かつて地球に黄金時代をもたらした自己再生と自己集積、感染能力を持つナノテクノロジーで、“デビル・スプライサー”はこれを利用し自身を機械神そのものに強化している。

新武器やアーマー、レイド、クルーシブルについて

「Destiny」
新テーマの装備で身を固めたガーディアン達
  • 新たに“鉄の豪傑”や“ZIVA”をテーマにしたアーマーセットが導入される。“鉄の豪傑”アーマーは角やファー付きの襟元、狼、アイアンバナーに似た鉄のシンボルをモチーフにしており、新天地の雪景色にマッチしている。
  • この他、レイドやアイアンバナー、オシリスの試練向けの新装備も登場する予定。
  • “鉄の章”に登場する新たなレイドは、最も強力なデビル・スプライサー達に守られたコスモドロームの深部に存在するZIVAの発生源をテーマに描くもので、これに勝利すれば、ZIVAそのものから形成された強力な武器やアーマーが得られる。なお、Bungieによると、新たなレイドは“鉄の章”の大きな要素を占めるとのこと。
  • Bungieによると、“鉄の章”はクルーシブルのプレイに幾つかの方法で大きな影響を与え、PvPに大きな変化をもたらすとのこと。また、ゲームモードやマップ、その他幾つかの未発表要素が導入されるものの、今のところ新要素に関するディテールは明かされていない。
「Destiny」
鉄の章は“鉄の豪傑”達の出自を深く掘り下げる
ジョルダーズ・ハンマーの“ジョルダー”は女性だったとのこと
「Destiny」
放送中に“Relic”と呼ばれた巨大な両手斧、フォールンのスコーチキャノンに似た特殊な武器で
来る新キャンペーンのクエスト中に使用可能となる
「Destiny」
「Destiny」

PS3とXbox 360向けの対応について

「Destiny」

“鉄の章”は、PS4とXbox Oneを含む現世代専用のコンテンツとなり、PS3とXbox 360向けの対応は行われないとのこと。現行コンテンツの旧世代機サポートは今後も継続されるものの、これまで共有していたゲームの進行は、2016年8月から現世代機と旧世代機間で共有されなくなる。

また、PS3とXbox 360から現世代機向けにアップグレードするためのインポート機能が今後改めて実装される予定とのこと。

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.