「No Man’s Sky」

8月の製品版ローンチを経て、実装済みのコンテンツやパフォーマンス、プロモーションの問題からメディアやコミュニティによる厳しい追及が続いている「No Man’s Sky」ですが、スタジオや公式サイト、Sean Murray氏が沈黙を続け、一部海外では主要開発者の退社やスタジオの閉鎖といった未確認の噂まで飛び出すなか、新たに本作のオーディオディレクターPaul Weir氏がファンに質問に応じ、スタジオの現状を明らかにしました。

Paul Weir氏によると、Sean Murray氏は元気でHello Gamesの皆が次のパッチ開発に集中しているとのこと。

また、Sean Murray氏とHello Gamesの発言や表立った対応が見られない状況は、彼らが公式に発言する時期を見定めていることによるもので、Paul Weir氏はこれについて有用な情報は持ちあわせていないと説明しています。

先日、新番組“Primetime with YouTube Gaming”の初回放送で“No Man’s Sky”の問題に言及し、率直な見解を述べたGeoff Keighley氏は、未決定ながらSean Murray氏と番組で直接この問題について語り合う準備があることを示唆しており、10月の放送に期待が掛かる状況となっていました。

『クロワルール・シグマ』パッケージ版3月9日発売決定!

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその102
「3コマ:行き止まりに宝箱!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.