「Total War」

先日ブレトニアをプレイアブル化した“Total War: Warhammer”やパブリッシャーがWargamingに決定したスピンアウト“Total War: Arena”のアルファ運用など、複数のプロジェクトが平行して進められているThe Creative Assemblyの「Total War」シリーズですが、新たにThe Creative Assemblyが公式サイトを更新し、シリーズの今後や現状、最新の進捗を報告。水面下で従来の歴史系タイトルとなる未発表新作の本格的な開発を進めていることが明らかになりました。

  • Total War: ARENA:開発は現在もクローズドアルファの段階にあり、招待者のみ対象とする週末テストを月に1度実施している。これは、新コンテンツとインフラを試験する技術テストで、ここから得られたフィードバックをもとにクローズドベータの準備やチュートリアルの開発が進められている。
  • 歴史チーム – 未発表の“Total War”タイトル:現在、次の主要な歴史系タイトルリリースに向けたゲームデザインやアセットのフルプロダクションが進行中。未発表の新作は従来の作品と同様に歴史上重要な人物のキャラクターデザインに焦点を当てている。
  • 新コンテンツチーム – “Total War: WARHAMMER”のDLCと無料コンテンツ:新コンテンツチームはブレトニアやイザベラ・フォン・カーシュタインの開発に注力し多忙だったが、開発チームの多くは既に続編用のDLCと無料コンテンツ計画に移行している。ただし、初代“Total War: WARHAMMER”向けのさらなるコンテンツの検討も進められているとのこと。
  • WARHAMMERチーム – “Total War: WARHAMMER”トリロジー:当初の計画通り、WARHAMMERチームはトリロジーの2作目開発に取り組んでいる。
  • Black Ops Taskチーム – 未発表の“Total War”タイトル:来る歴史系の次回作に向けて、スタンドアロンのフォローアップやDLCの製品開発に関する調査を進めている。これに伴い、Jack Lusted氏(Roma IIのリードユニットデザイナー)やROME II/ATTILAのコンテンツチームに所属したベテラン達からなる新たな“Total War”チームが立ち上げられた。
参考:“Total War: WARHAMMER”の多彩な無料コンテンツを紹介する新トレーラー
ブレトニアやイザベラ・フォン・カーシュタインに加え、ホワイトドワーフ誌のグロムブリンダルまで実装された

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.