「Brigador」

4月上旬に日本語対応の決定をご紹介したStellar Jockeysの熱いメカアクション「Brigador」ですが、先日予定通り実装された日本語ローカライズの導入を経て、本日架け橋ゲームズが国内向けに本作の日本語対応を正式に発表。これに併せて、6月10まで利用可能な30%オフセールが開始されました。

もとより多彩なプレイスタイルや自機カスタマイズ、破壊可能なレベル環境を特色とするゲームプレイの充実に加え、綿密に構築された世界観やLoreが人気を博していた“Brigador”ですが、今回のローカライズは本作固有のハード且つアイロニカルなスタイルまで見事に再現した素晴らしい仕上がりとなっていますので、気になる方はこの機会に購入しておいてはいかがでしょうか。

期待のインディー開発チーム Stellar Jockeys がおくるトップダウンビューメカアクション『Brigador』待望の正式日本語対応のお知らせ

本日、Stellar Jockeys(米国イリノイ州)は、STEAM にてアーリーアクセス当時より日本語化のリクエストが非常に多かった戦略型メカアクションゲーム『Brigador』の正式に日本語対応アップデートをリリースしたことをお知らせいたします。

なお、今回のアップデートに伴い6月10日まで30% off の特別セールも開催されています。

『Brigador』とは

偉大だった指導者を失い、多数の勢力が大都市 Solo Nobre を舞台にその利権を獲得しようといつ終わるともわからない争いを続けている… プレイヤーは自らの惑星を裏切った傭兵パイロットとなり、報酬と惑星からの脱出を求めて荒廃する Solo Nobre を駆け巡り、時代の灯となるべく戦いぬきましょう。

獲得した報酬で新しいユニットや武器、ステージなどのアンロックができるなど、あなたのプレイスタイルにあったロードアウトを⾒つけましょう。

今回の大型アップデートでは、実績やキャンペーンの追加など、ゲームの深みの充実のほか、パイロットやユニットの追加など、よりゲームをカスタマイズできる要素が充実しています。

そして、日本語をはじめ、ヨーロッパ言語の追加など、益々進化する『Brigador』をお楽しみください。

【開発】Stellar Jockeys について

当作『Brigaor』が処女作となる4名の開発チーム Stellar Jockeys(米国イリノイ州)。2014年2月より開発をスタートし、2015年の PAX Prime に出展、その後 STEAM アーリーアクセスを経て2016年に正式リリース。先日、京都で開催された BitSummit にも出展するなど、精力的に活動しています。

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームはすでに『Salt and Sanctuary』『Wonder Boy: The Dragon’s Trap』『GNOG (ノッグ)』『Owlboy』など50本を超えています。

公式ホームページ:www.kakehashigames.com
Twitter アカウント:@kakehashigames

「Brigador」
「Brigador」
「Brigador」
「Brigador」
「Brigador」
情報元:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその112
「3コマ:たぶん、こうかな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.